Category Archives: オンカジ雑学

インカジ違法性とオンラインカジノの安全性

By   2020年7月28日

インカジの摘発、逮捕について

今となってはインカジの摘発、逮捕についてのニュースはそれほど珍しいものではなくなりました。
日本で初めてインカジが摘発され、逮捕者が出たのは2006年のことです。
初めての摘発、逮捕ということで、ゴールドラッシュというそのインカジの名は今でも語り継がれています。

ゴールドラッシュは京都市で運営されていて、店内十数台のパソコンにオンラインカジノをインストールし、それを客にプレイさせていました。
インストールされていたオンラインカジノはフィリピンで合法ギャンブルとして認められているオンラインカジノで、そのゲームに関しては不正などはまったくなく、誰でも安全に利用できるものとなっていました。
ゴールドラッシュでは1ポイントを100円で購入させ、ポイントの残高に応じて店内で精算するという仕組みとなっていて、その店内での金銭の受け渡しが賭博罪に触れ、摘発、逮捕されることになりました。
逮捕されたのはゴールドラッシュの従業員2名と利用客2名の4名です。
利用客は単純賭博罪として罰金刑で済みましたが、2名の従業員は単純賭博罪よりも重い常習賭博罪として逮捕され、執行猶予付きの懲役刑に処されることになりました。

ゴールドラッシュの利益はどこにあったのかというと、これが少々複雑で解明されるまでにもそれなりの時間を必要としました。
オンラインカジノにはボーナスというアカウント登録や入金でもらえるサービスがあるのですが、ゴールドラッシュはこのボーナス分を使って客にゲームをプレイさせていました。
ゴールドラッシュが登録していたフィリピンのオンラインカジノはVIP会員になるとポイントの購入額に対し100%のボーナスが付与されていたので、客が負けた分の半分をゴールドラッシュとオンラインカジノ側で折半し利益を重ねていました。

2006年当時はオンラインカジノについての情報も少なく、ゴールドラッシュ側もオンラインカジノを用いたギャンブルを違法行為だとは思っていなかったようで、店の外にはオンラインライブゲームカフェと書かれた宣伝用の看板もありました。
こうして堂々と運営されていたことから、利用客もまさか違法ギャンブルになるとは知らずに利用を続けてしまっていたようです。
そして、このゴールドラッシュの摘発、逮捕から、インカジの取り締まりが厳しくなり、その捜査の手は全国の歓楽街へと広がりました。

最近も2020年3月に新宿歌舞伎町や渋谷のインカジを警視庁が一斉に摘発し、多くの逮捕者が出ました。
その逮捕者数は、運営していた経営者が6人、店の従業員14人、利用客11人の計31人という前代未聞の人数となりました。
どのインカジもお金のやりとり等に若干の違いがあっても、店内にてゲームをプレイするための費用を支払い、プレイ終了後に精算するという仕組みに違いはなく、ゴールドラッシュの時と同様にそうした店内での金銭授与が摘発、逮捕に繋がりました。
全国的にインカジの取り締まりが強化されているので、今後インカジの数は減っていくと考えられていますが、それでもまだ影に潜むように運営しているインカジは多くありますので、万が一インカジへの誘いを受けたとしても利用しないようにしましょう。
インカジの摘発、逮捕について

公営ギャンブル以外のギャンブル行為は違法

インカジの違法性は、店内にて金銭の受け渡しが行われるところにありますが、そもそもギャンブルに対しての法律である賭博罪は、公営ギャンブルの競馬、競輪、競艇、オートレース、宝くじ以外のギャンブルに対して設けられているものなのでインカジの存在自体が違法です。
そして、賭博罪として逮捕するには、ギャンブルを主催する運営会社の関係者とギャンブルを行う利用者が同じ場所にいなければなりません。
この賭博罪での逮捕の条件にもインカジは当てはまりますので、インカジの運営、利用をするとやはり逮捕されることになります。
公営ギャンブル以外のギャンブル行為は違法

オンラインカジノも違法ギャンブルなのか

インカジはオンラインカジノを用いたギャンブルですが、オンラインカジノをインカジからではなく、個人のパソコンやスマホ、タブレットから利用した場合は賭博罪として逮捕されることはありません。
インカジのパソコンからの利用は違法で、個人のパソコンからの利用は違法ではないというのは、どこかおかしいように思いますが、これは確かな事実で、オンラインカジノの個人利用は賭博罪の対象とはなりません。
オンラインカジノの個人利用が賭博罪の対象とならない理由は、賭博罪の前提条件に当てはまらないからです。
胴元となるオンラインカジノの運営会社は海外にあり、張り子となる利用者は日本にいるということになります。
これはインターネットを利用したギャンブルならではの特殊な状況ですが、運営会社だけではなくギャンブルの開催場所であるサーバーも海外に置かれているため、オンラインカジノの利用は海外のカジノに足を運びギャンブルを楽しんでいることと変わりません。
入出金の決済に関しても海外の決済サービスを用いることになるので、日本国内にて金銭の受け渡しが行われたということにもなりません。
このようにオンラインカジノの利用は合法ではないのですが、違法にもあたらないので、個人として利用する分には賭博罪に処されることなくギャンブルを楽めます。
オンラインカジノも違法ギャンブルなのか

最新の決済手段以外にも魅力あふれるカジノ

By   2020年4月17日

ビットコインによる入出金という、まさに「これまでにないオンラインカジノ」として注目を集めているビットカジノ。
どうしても「ビットコインが…」という点ばかりがクローズアップされているのですが、決してビットコインだけが全てではありません。

確かにビットコインによる入出金を可能にしていますので先進的なものであるのは間違いありません。
しかし、単純に「オンラインカジノとしての実力」を見ても、実は決して侮れないものでなることが分かります。

ライジングスター賞にノミネートされました

ライジングスター賞にノミネートされました

ビットカジノは2016年のEGRオペレーターアワードに於いて、ライジングスター賞にノミネートされた経験があります。
EGRオペレーターアワードは日本人ユーザーにとっては耳慣れないものかもしれませんが、「ゲームの世界版オスカー賞」とも言われているものです。
EGRオペレーターアワードは、決してビットッコインが使えるから評価しているのではなく、ユーザーに対してどのようなものなのかという点まで含めてのものです。

つまり、決して「ビットコインが使えるから」だけではなく、その点も含めて、ユーザーが「安心して楽しめるオンラインカジノ」であり、かつ「これまでのオンラインカジノにはない先進的なもの」であることが分かるのではないでしょうか。

1400種類以上のゲームを用意

ビットカジノには1400種類以上のゲームが用意されています。
これだけのゲームがあれば、「とりあえずどんなゲームがあるのか」を確認するだけでもかなりの時間が必要になるのではないでしょうか。

いろいろなゲームを楽しんでみたい人はもちろんですが、自分のお気に入りのゲームを楽しみたいという人にとっても、1400種類ものゲームのあるオンラインカジノであれば、自分に合うゲームを見つけることができるのではないでしょうか。

しかし、決して「質より量」で数だけに頼っている訳ではありません。
ビットカジノが採用しているソフトウェアはネットエントやエボリューションなど、国内外から信頼を獲得している者ばかりです。
TST等、第三者機関からの審査を受けていますので、まさに「質量ともに」信頼できるオンラインカジノであることが分かるのではないでしょうか。

どんなボーナスがあるのか

どんなボーナスがあるのか

ビットカジノにももちろん初回特典が用意されています。
初回入金に関しては100%のボーナスがありますし、2回目の入金、さらにはリロードなどにもボーナスが用意されています。
また、ハリウッド旅行や賞金シェアなど、様々なプロモーションが用意されています
この点だけを見ても、ビットカジノが魅力的なオンラインカジノだと分かるのではないでしょうか。

日本語サポートもOK

日本時間の平日10時から21時まで、日本語カスタマーサービスによる日本語対応を行っています。
しかも、対応時間を増やすことも検討しているとのこと。
日本人ユーザーのこともしっかりと意識していることが分かるのではないでしょうか。

ライセンスについて

もちろんライセンスも取得しています。
ビットカジノはキュラソーから認可を受けています。
なぜキュラソーなのかといえば、運営会社がキュラソーにオフィスを構えているからです。
また、先にもお伝えしたように、採用しているソフトウェアがTSTなどの第三者機関からのチェックも受けていますので、公平性に関しても問題ないオンラインカジノと考えてよいでしょう。

ライブカジノは24時間体制

ライブカジノは24時間体制

ビットカジノの魅力の一つに挙げられるのがライブカジノです。
24時間体制なので、日本人ユーザーでも、時差を気にすることなくいつでも好きな時に楽しめます。
初心者向けのライブカジノから、ハイローラーも十分に満足できるライブカジノまで、こちらも豊富なゲームが用意されています。

ライブカジノは、近年オンラインカジノの中でも高い人気を集めるに至っていますが、対応している時間が限られていたり、日本人ユーザーにとっては時差の影響もあって思うように楽しめないという話を耳にすることも珍しくないのですが、24時間対応であれば、そのような心配も無用です。

特にビットカジノはスマートフォン等モバイル端末からアクセスするユーザーも見越していますので、スマートフォンやタブレットでも臨場感溢れるライブカジノを楽しめますので、幅広いユーザーが「気軽に」楽しめる点もまた、ビットカジノの魅力と言えるでしょう。

まとめ

ビットカジノは決してビットコインだけが特徴ではありません。
むしろ、ビットコインと関係していない部分に於いても、様々な魅力を持っているオンラインカジノだと分かるのではないでしょうか。
ビットコインを保有している人、あるいはビットコインに興味を持っている人にとってビットカジノは興味深いものかと思いますが、ビットコインに興味を持っていないユーザーにとっても、ビットカジノは魅力的なオンラインカジノであることは間違いありません。

オンラインカジノの信憑性と勝ちやすさ

By   2020年1月23日

オンラインカジノは他のギャンブルより勝ちやすい?

オンラインカジノは他のギャンブルより勝ちやすい?

日本には競馬や競輪、競艇などの公営ギャンブルが存在しているのはご存知の通りで、各種宝くじも言ってしまえばギャンブルの1つです。
これらに共通する特徴として、胴元側による控除(いわゆるテラ銭です)が大きいことが挙げられます。

ギャンブルは胴元側が有利なのは言うまでもありませんが、競馬などの公営ギャンブルでは約25%が控除される仕組みで、宝くじに至っては、約55%も控除されているのです。
つまり、1億円の売上げがあった場合、競馬ではそこから約2500万円を控除した残りの約7500万円を的中者に配分しています。
宝くじはもっと酷いもので、高額当選ばかりが話題になりますが、全体では売上げの半分未満しか払い戻していません。

それらと比較して、オンラインカジノの控除率は平均して5%前後だと言われています。
利用するオンラインカジノによっても異なりますが、悪くても10%以上ということはありません。
この控除率であれば、1億円の売上げがあったとすると、そこから約9000万円以上もの払い出しを行っている訳です。
これだけ参加する側に有利なギャンブルも、そうはないと言っていいでしょう。

この点から考えて、競馬などの公営ギャンブルや宝くじと比較した場合、比べものにならないほど勝ちやすいと考えることができます。

優良なオンラインカジノの見分け方

優良なオンラインカジノの見分け方

オンラインカジノが他のギャンブルより勝ちやすいという点は既に書きましたが、その中でも少しでも勝ちやすいサイトを利用したいのは当然です。

その見分け方として、一番なのが「ペイアウト率」での比較です。
このペイアウト率とは、先に挙げた売上げからの控除率を差し引いた、実質的な払い戻し率です。
多くのオンラインカジノでは、これをサイト上で公式に発表しています。
95%だとすると、1億円の売上げに対して9500万円は払い戻しているということです。

この発表がないオンラインカジノもありますが、そのようなサイトはあまりお勧めできません。
オンラインカジノによっては、ゲームごとに(ポーカー、ルーレット、スロットマシンなど)その数値を公開しているので、自分がプレイしたいゲームのペイアウト率が少しでも高い所を利用した方がいいのは言うまでもありません。

オンラインカジノはどこが運営してる?

オンラインカジノは海外の運営会社が運営しています。
日本から利用できるオンラインカジノはかなりの数がありますが、それぞれカジノ営業が合法だと認められている国や地域にて、きちんとオンラインカジノ営業の営業許可をとった上で運営しています。

日本でもカジノ営業を含むリゾート法案が成立しましたが、オンラインカジノのようなネットを使った仕組みに関しての法整備の方は全く進んでいないのが実情です。
いずれは日本の会社が運営するオンラインカジノが海外から利用される時代が来るかも知れませんが、現在では海外のサイトを利用することになります。

海外のサイトというと、一番に気になるのが言語の問題ですが、日本語に対応したサイトがほとんどなのでその心配はありません。
運営は海外の会社ですが、特にこれといってそれを気にする必要はなく、どこもその国や地域できちんと許可をとって営業しているので、安心して利用してください。

オンラインカジノへの入出金方法は?

これは、利用するオンラインカジノにも依りますが、多くのオンラインカジノでは、クレジットカードによる入金が可能です。
これができる場合には、一番手間が掛からないのでお勧めです。

それに対応していないサイトの場合、何かしらの「決済サービス」を経由して入金することになります。
オンラインカジノによって対応している決済サービスが違うので、最初にそれを確認しましょう。
決済サービスの自分のアカウントへの送金は、日本の銀行口座から行えます。

出金は、ほとんどの場合で決済サービスの経由になると考えていいでしょう。
オンラインカジノからそのアカウントに対して出金し、そこから自分の日本の銀行口座へ送金してください。

このように、オンラインカジノの利用には、そのサイトに対応した決済サービスがつきものです。
オンラインカジノに利用登録を行う前に、対応している決済サービスにアカウントを作るところから始めましょう。

オンラインカジノで勝つと税金が掛かる?

オンラインカジノで勝つと税金が掛かる?

オンラインカジノで出した利益は、「一時所得」という扱いです。
原則的に経費は認められないので、1年間の利益分から50万円の特別控除を差し引き、残りの1/2がその年の課税対象になります。

例を挙げると、1年間で120万円の利益が出た場合、50万円を引いた70万円の1/2になる35万円が課税対象です。
これを他の所得(給料など)と合計して所得税の計算を行います。
会社員としての所得が年間で300万円という(この他の所得はない)場合、その年は所得が335万円として計算してください。

会社員であれば(元から源泉徴収されているので)給与所得に関しての申告はする必要ありませんが、オンラインカジノで課税対象になる利益があった年には、確定申告をする必要があるということです。
それによって税額が変わり、源泉徴収分とは別に追加の支払いが必要になります。

黙っていれば分からないのではないかと考えてしまうかも知れませんが、オンラインカジノは性質上、銀行口座を通して出金されます。
よって、黙っていても分かってしまうので、きちんと自ら申告しましょう。
もし後から発覚した場合には、追徴課税(通常の計算より多く支払うことになる)という罰則が待っているかも知れません。
これにはくれぐれも気を付けてください。

オンラインカジノが解決すべき様々な課題

By   2019年7月3日

オンラインカジノは社会的な問題を抱えている

オンラインカジノは社会的な問題を抱えている

オンラインカジノは、社会的な問題をいくつか抱えています。
オンラインカジノは海外で運営されているギャンブルであり、日本国内にはまだそれほど馴染みはありません。
とはいえ、日本国内では右肩上がりでプレイヤーが増えてきています。

オンラインカジノは、とても楽しめる気軽なギャンブルですが、その一方で気をつけなければならない部分もたくさんあるのです。
そこで、オンラインカジノが抱えている社会的な問題点の数々についてみていきましょう。

オンラインカジノの問題点「ギャンブル依存症」とは

オンラインカジノの社会的な問題点としてギャンブル依存症の問題があります。
ギャンブル依存症とは、行為・過程アディクションの一種で、ギャンブルの行為や過程に必要以上に熱中し、のめり込んでしまう症状となっています。
日本でギャンブル依存の疑いがある人の数は直近1年間で約54万人と推定されています。

このように近年ではパチンコを主体としたギャンブル依存症が日本でも表面化しており、オンラインカジノのギャンブル依存症についても増加しています。
オンラインカジノの場合は、公営ギャンブルではないため、データとして出ていないものの、オンラインカジノの多様化で年々そのプレイヤー数が増えていることは確かとなっています。
オンラインカジノに関する掲示板等では、夢中になっていて、散財したという書き込みも実際にたくさんありますので、実際にオンラインカジノにのめり込んでしまっている人も数多くいるはずです。

オンラインカジノはパチンコ等の公営ギャンブルより依存度が高いと言われています。
今、オンラインカジノをプレイしている人の中には、以前は別のギャンブルをしていたという方が多いと言われています。
これはなぜかというと、オンラインカジノの大きな特徴の一つとしては勝つ時と負ける時の「リターン」の差がより激しいという点があります。
このため、ギャンブルに元々興味のある方ははまり込みやすく、のめり込んでしまいやすいのです。

オンラインカジノの問題点

オンラインカジノの場合、さらにクレジットカードで後払いが出来ますので、手持ちのお金がなくてもいくらでも賭けることが出来ます。
そこで、生まれやすくなるのがギャンブル依存症なのです。

一度ギャンブル依存症となってしまえば、自らの意思では消して止めることは出来ません。
周囲や家族の助けが必要になりますし、サポートなしでは、仕事も生活も立ち行かなくなってしまいます。
したがって、オンラインカジノで依存症になってしまうほど、のめり込みやすい方は、けして手を出さないように気をつけましょう。

オンラインカジノとスパム広告の問題

オンラインカジノのスパム広告を見かけたことがある方もいると思います。
無差別にある日突然、ブログのコメント欄に大量にスパム広告が貼り付けられてしまうケースが多発しています。
また、メールで、スパムメールが届くというケースもあります。
一度悪質なオンラインカジノに登録をしてしまうことで、個人情報が流出してしまい、迷惑メールが届くことになってしまう例もあります。

優良なオンラインカジノではこういったことはけしてありませんが、悪質なウェブオーナーによりこのようなスパム行為が行われています。
このようなスパム広告が引き起こすのはオンラインカジノ業界のマイナスイメージです。
オンラインカジノがマイナスなイメージになってしまい、すべてのカジノがイメージダウンとなってしまうのはもったいない事です。
しかし、今のところ、このような悪質カジノを撲滅する術はなく、受け取り手側が、拒否設定をしなければ、スパム広告を防ぐことは出来ません。

また、このようなスパム広告にはにわかに条件の良すぎる大量ボーナスが記載されていたり、条件が良すぎるプロモーションが掲載されていたりして、つい登録をしてしまう人も後をたちません。
こういった状況も、オンラインカジノが抱える社会問題の一つとなっています。

オンラインカジノのサポートレベルの問題

オンラインカジノのサポートレベルの問題

オンラインカジノは、その他のサービス産業と比較しても、サービス意識がまだまだ低く、サービスレベルが低いままです。
入出金についてはパチンコやスロットと比較しても、トラブルが非常に多いので、プレイヤーは困ってしまうことがあります。
日本語が通じなかったり、またサポートがぞんざいな対応をするということは日常茶飯事ですので、サポートがしっかりとしたオンラインカジノを選ばなければ、大変な目に遭ってしまうこともあります。

オンラインカジノは、まだ歴史が浅いということもあり、サービスの水準が低く、まだまだ発展途上ということを知っておく必要があります。
遊ぶ前には、プレイヤー側が十分にリサーチをしてから登録をしなければ、トラブルになってしまうことになります。
オンラインカジノは、実はこのような社会問題を抱えているので、知識として知っておきましょう。

オンラインカジノが誇る高い還元率

By   2019年4月3日

ギャンブルというものは娯楽として賛否両論がありますが、計画的に遊ぶことで色々な楽しさもありますし、払い戻しなどもあるので独特な魅力があります。
ギャンブルの中でも華やかなジャンルとして人気があるのがカジノですが、こちらは海外では公認されているものの日本ではまだ公認されていません。

日本では賭博法によって競馬や競輪、競艇などがギャンブルとして認められていますし、身近なところだとパチンコなどもかなりの人気があります。
こういった環境の中で最近注目されてきているのがオンラインカジノで、こちらは日本でも個人で遊ぶ限りは賭博法の範囲外となっているので楽しむことができます。

オンラインカジノの特徴について

オンラインカジノの特徴について

オンラインカジノは海外の企業が経営をしているものであり、中には該当する国の認可を得ているものもあります。
これらは当然海外の企業によって営業をしているので、これらを利用する際にも日本の法律は当てはまらないという仕組みになります。

オンラインカジノでは色々なゲームが楽しめるのですが、ほとんどはリアルのカジノ店舗と遜色ないものが遊べます。
ポーカー、ブラックジャックなどのカードゲームから、ルーレットやスロットなど魅力的なゲームが沢山揃っています。
最近はこれらのカジノもコラボレーション作品が増えてきており、オンラインカジノでも色々なゲームが楽しめます。

またオンラインカジノの大きな特徴としては、自宅にいながらできるという手軽さがあり、最近ではスマホに対応しているオンラインカジノも増えてきています。
自宅でいるとどうしてもリアルのカジノの雰囲気に劣ってしまうのではという意見もありますが、最近はビデオ配信によるディーラーとのライブ勝負などもできるので賭け事のスリルも十分に味わうことができます。

オンラインカジノとペイアウト率

オンラインカジノとペイアウト率

カジノを含めて賭博というものは、どうしても胴元が儲かるようになっています。
これらは賭博の経営上しかたないことなのですが、それでも実際にプレイする側としてはなるべく自分が儲かりたいと思うでしょう。

ギャンブルなどで実際にどれだけ自分にお金が返ってくるかという数値を還元率といい、これは英語ではペイアウト率と言います。
ペイアウト率はギャンブルで儲かるかどうかの指針とされていますが、実際に具体的な数値を知っているかたは多くはないでしょう。
参考までに日本のギャンブルである競馬はペイアウト率が70%、パチンコやパチスロは80%、宝くじはおよそ40から50%程度となっています。

宝くじなどはかなり低めでイメージしやすいのですが、やはりギャンブルをする以上リスクなどはしっかりと把握しておきましょう。

さて今回テーマにしているのはオンラインカジノなのですが、実はこのオンラインカジノのペイアウト率は95%にも登ることがあり、これらも人気の秘密の一因となっているのでしょう。
オンラインカジノに関してはデジタル化をしているためにリアルな店舗よりかは経営費用が掛からないという説があり、これによって還元率などが高まっているとされています。

しかし一方でデジタル化されているために何かプログラムに仕組んであるのかという疑問が沸くのは当然でしょう。
オンラインカジノも玉石混交なのですが、大手のお店は認証機関などから審査を受けていたり、国から認可を受けているなどをしているので安全性が高いお店は沢山あります。
当然ペイアウト率なども厳しい認可や審査を受けているために基準をみたしているので、安全で夢を狙える遊びとなっています。

オンラインカジノの魅力と注意点

オンラインカジノの魅力と注意点

オンラインカジノの特徴などをざっと見ていきましたが、まずは自宅などで気軽にできるという点は大きなメリットでしょう。
スマホなどでも気軽にできますし、課金や入金などは電子決済サービスが手軽であり最近はクレジットカードでも入金ができるオンラインカジノも増えてきました。
しかしあまりにも手軽な手続きのために、一度熱中をしていまうとどうしても入金が増えていってしまうのでギャンブルは計画的に利用をするよう常に心がけましょう。

オンラインカジノはその大きなペイアウト率が魅力の1つとなっているのですが、実際に遊ぶゲームはスロットやルーレットなど比較的単純な作業になるので、知らないうちにこれらも大きな金額を使ってしまうケースがあります。
この辺はパチンコやパチスロなどの単純さにも似ていますが、それでも基本的なペイアウト率が高いのできちんと注意していればオンラインカジノはとても楽しい娯楽となります。

オンラインカジノに関しては無料で遊べるモードを用意しているところも多いので、まずは無料で雰囲気などを掴んでみたりするのをおすすめします。
色々なキャンペーンやログインサービスなどもやっているのは日本にあるギャンブルには無いメリットなので、これらの情報を仕入れてから遊ぶとよりお得になります。

成り立ちから見る安全性

By   2019年1月16日

オンラインカジノはどのように出来たのか

オンラインカジノはどのように出来たのか

オンラインカジノの成り立ちですが、いつ頃から出来たのか知られていない部分も多いです。

オンラインカジノは、従来のカジノの世界を再現したインターネット上のギャンブルゲームです。
従来までのカジノは、ヨーロッパでは大人の社交場、そして賭博場として有名でした。
これを再現したインターネットのオンラインカジノは、1994年頃に登場しました。

その頃に、アンティグア・バークーダというイギリス連邦の加盟国において、初めてオンラインカジノにライセンスが発行されその法律が可決されたのがきっかけとして、以後オンラインカジノに許可証が発行されるようになり、オンラインカジノにさまざまな企業が参入することになりました。
マイクロゲーミング社などは、オンラインカジノのゲームを初めて開発したことでも知られています。

その後、インターネットが普及するにつれてオンラインカジノがどんどん世界中に広がるようになりました。
今では全世界に約8千万人ものプレイヤーが存在しています。
当時は数十種類だったオンラインカジノも、今では数千ものサイトがあります。

1999年ごろには、マルチプレイヤーシステム、ジャックポットシステムなどが搭載されるようになり、益々楽しめるようになりました。
今では、有名な映画作品とのタイアップゲームが導入されたり、また一流企業がオンラインカジノの運営に乗り出しています。

日本ではまだそれほど普及してはいないものの、世界中ではすでに人気のエンターテイメントの一つであり、テレビのコマーシャルでも流れているほどです。

オンラインカジノとライセンスや信頼性

オンラインカジノとライセンスや信頼性

オンラインカジノは信頼性はあるのかという疑問を持つ方は多いです。
インチキや詐欺などはないのかという不安を持っている方も少なくありません。

しかし、オンラインカジノは、オンラインカジノが合法の国において正式にライセンスが発行されて運営されています。
このライセンスが発行されるまでは、非常に厳しい道程であり、その審査もとても厳格です。
企業の健全性や財務状況だったり、またプログラムの公平性やペイアウト率などもチェックされます。
そして高額なライセンス料を支払う必要もあり、半年以上の長い月日がかかります。

オンラインカジノのライセンスの基準は、国によって異なりますが、ライセンスが発行されているということは一定の基準をクリアしているということになります。
よって安全性は高く、インチキやイカサマの可能性は極めて少ないです。

また、オンラインカジノは、こういったライセンスを取得してからも、自ら第三者の監査機関からの監査を受けています。
そして、ペイアウト率やプレイヤーがきちんと保護されているか、またプログラムの改ざん、不正がないかなどをチェックされているのです。
定期的にこれらの監査は行われ、データは全て公表される形になります。
つまり不正があれば、すぐにデータが公表され、その企業の信頼は失墜してしまいます。

オンラインカジノの運営業者も非常に有名な企業ばかりですので、イカサマや詐欺を行うリスクはほぼありません
そんなことをすればライセンスを剥奪されてしまうからです。
従って、オンラインカジノでライセンスと外部の監査機関からのチェックの認定マークがあれば、一定の安全性は保たれているのです。

オンラインカジノとソフトウェアの関係

オンラインカジノの運営会社と、そのソフトを提供している会社は完全な別会社となっています。
この2つの会社は契約を結ぶことによって、ソフトウェアをオンラインカジノの運営会社で採用をしているのです。

有名なソフトウェア会社についてですが、このソフトウェアに関しても厳しい監査を受けており、チェックをクリアしています。
マイクロゲーミング、プレイテック、ネットエントと言った企業が、ソフトウェアの企業の中でも、大手でダントツの信頼度となっています。

オンラインカジノは、そのサイトによって採用されているソフトウェアが異なります。このため、ゲーム性や信頼性などで選ぶようにしましょう。

エコペイズをはじめとした電子決済サービスの存在

エコペイズをはじめとした電子決済サービスの存在

オンラインカジノの決済についてですが、こちらも別会社が管理をしており、エコペイズ、アイウォレットと言った電子決済サービスが採用されています。
これらの電子決済サービスは入出金のどちらもできて、さらに複数のオンラインカジノに登録をしていたとしても口座一つで管理できます。

電子決済サービスは、円からドル、ドルから円への両替も瞬時に行うことが出来ます。
手数料などもとても安いので、便利な決済方法です。
決済会社は、オンラインカジノとプレイヤーの間に立ち、決済の管理を行っていて、セキュリティは万全です。
エコペイズは、知名度も高く、オンラインカジノ以外のショッピングなどでも幅広く利用されているので、安心して利用できます。

オンラインカジノの準備から勝利金の引き出しまで

By   2018年10月5日

オンラインカジノを始める際の準備のポイント

最近注目されているギャンブルとして、オンラインカジノがさまざまなメディアをにぎわせています。事前の準備ポイントを講じましょう。

無料プレイについて

まったくカジノゲームをご存知ない方が、いきなりオンラインカジノをスタートさせるのは、いささか無謀ではないでしょうか?
多くのカジノサイトでは無料プレイモードを用意しています。
これを利用して、実際のカジノゲームに触れてみましょう。
これなら楽しめると確信をもてれば、登録をすすめるようにするのが安全です。

また、カジノサイトの使用感を試すことにもつながっており、なんとなく自分に合っていないように感じるならば、登録を見合わせたほうがよいでしょう。

年齢に関して

年齢に関して

オンラインカジノはギャンブルですから、18歳未満ではプレイを禁止されています。
注意しなければならないのは、カジノサイトによって20歳未満のプレイを禁止しているものがある点です。
18歳になっていれば、すべてのカジノがOKと考えないでください。
それぞれのカジノによる規約をしっかりと守りましょう

カジノライセンスについて

オンラインカジノのなかには、悪質な詐欺業者が紛れ込んでいます。
こうしたカジノに登録してしまうと、勝ち金の払い戻しに応じてもらえないばかりか、個人情報の漏洩などの被害も可能性を否定できません。

悪質なカジノを回避するためには、ライセンスの有無をしっかりと確認する必要があります。
ギャンブルを合法とする政府が発行するライセンスは、厳しい審査によって発行されるものです。
また、ライセンスを維持管理するためには、それなりのコストが発生します。
ぜい弱な運営基盤では、これらのコストをまかなうことができません。
つまり、優良なカジノだけがライセンスの所有を許されることとなるのです。

さらにカジノゲームの公正さを担保する意味で、第三者機関による審査が存在します。
これらの認証マークがウェブサイト内に提示されていれば安心でしょう。

サポート体制について

最近では、日本人プレイヤーの増加にともない、サポートの日本語化がすすんでいます。
オンラインカジノには小さなトラブルがつきものであり、サポートが充実していないと、すぐにつまずくものです。
口コミ情報をもとにして、サポート体制の評価が高いカジノを選ぶようにしましょう。

オンラインカジノでプレイを始めるには

オンラインカジノでプレイを始めるためですが、公式ホームページからソフトをダウンロードすることからスタートします。
公式サイトに今すぐプレイなどのロゴがありますので、こちらクリックすると良いでしょう。

クリックすればダウンロードが開始となります。このようにダウンロードをすることが基本となりますが、最近ではFlash版やブラウザ版と呼ばれる、ノーダウンロードタイプのオンラインカジノも増えています。
ブラウザ版の場合、以前は操作性が良くないと言われていましたが、今はそうではなく、快適にプレイが出来るようになっています。
どちらかは好みで選ぶようにしましょう。

オンラインカジノのアカウント登録と注意事項

オンラインカジノを始める場合、無料ゲームなら、メールアドレスの登録をする必要があります。
その後、有料でプレイをするなら、メールアドレス以外にも住所や名前、そして電話番号が必要となります。
これらを入力するときは間違いがないように、正確に入力をしましょう。

仮に不一致の場合不正があるものとされて、アカウントがノックされてしまったりサポートにも無視されてしまう恐れがありますので、注意をしましょう。

チップの購入はどうすればいい?

チップの購入はどうすればいい?

オンラインカジノでの肝心のチップ購入ですが、公式ホームページのキャッシャーから行います。
日本人が使うことが出来る入金手段として、クレジットカードやエコペイズ、電信送金(銀行振込)が有ります。

クレジットカードはスピーディーで非常に便利ですが、入金でしか利用が出来ないので、長く遊びたいのならエコペイズといった電子決済サービスのアカウントを取得しておくと何かと便利です。

オンラインカジノの出金について

オンラインカジノの出金(払い戻し)ですが、ログインをしてバンクから引き出しを行います。
主にエコペイズ・電信送金・外貨小切手などの方法があり、最もよく利用されているのがエコペイズです。

エコペイズはプリペイドカードが発行されますので、これを利用すればコンビニATMで引き出すことが出来るなど、非常に便利です。
電信送金や小切手といった方法ですが、手数料が負担になりますし、銀行に所得理由を聞かれることもありますので、あまり現実的な払い戻し方法ではありません。

身分証明書の提出が必要

身分証明書の提出が必要

初回の払い戻しの場合には、口座情報の確認のため身分証明書の提出を求められることが多いです。
FAXやメール添付になりますが、パスポートは最初から英語表記になっているので、カジノ側の確認が容易で、スムーズなことが多いです。

オンラインカジノの勝ちやすさを検証

By   2018年7月26日

オンラインカジノは勝てる?

オンラインカジノは勝てる?

オンラインカジノはギャンブルの一つですが勝てるのかどうかという点が気になるところです。

オンラインカジノのペイアウト率は97%以上に保たれていて、他のギャンブルと比較しても還元率が高いです。
パチンコや、競馬は80~85%のペイアウト率ですし、宝くじは、45%程度です。
ペイアウト率だけをみると、他のギャンブルよりも、オンラインカジノは、勝ちやすいといえます。しかし、既存のギャンブルと優劣をつけるのはそれだけでは難しくなっています。

それは、ペイアウト率以外にも、さまざまな要素があるからです。

オンラインカジノのハウスエッジ

オンラインカジノは控除率も低いのが特徴です。
ギャンブルをする上で、気にしたいのがこちらの控除率です。
ハウスエッジが低いということはそれだけ胴元の儲けが少ないということを示しています。

ハウスエッジというのは、ほぼ全てのギャンブルに取り入れられているもので、カジノの取り分は非常に少ないのです。
しかし、オンラインカジノはパチンコと比較するとマイナスに設定されることはありませんし、パチンコは設定や釘調整によって、マイナスに設定されることがあります。

ペイアウトは100%を超えない

ペイアウトは100%を超えない

オンラインカジノはペイアウト率は高いですが、そのペイアウト率は100%を超えることはありません。
つまり、それは統計的には必ず負けてしまうということに繋がっています。

短期間ならば、勝ったりして得をすることもありますが、長期的に見ると、必ず損をしてしまうことになります。
オンラインカジノは、ギャンブルであり、ボランティアではないことを理解しておきましょう。

オンラインカジノとペイアウト率

オンラインカジノというと、非常にペイアウト率が高いということで、勝ちやすいギャンブルと考えられています。
それは本当なのでしょうか。

具体的にペイアウト率を比較してみると、オンラインカジノはその他のギャンブルと比較してもペイアウト率が高くなっています。
オンラインカジノのペイアウト率は97%程度で、パチンコ、競馬が80~85%であることを考えるととても高いペイアウト率となっています。さらに、オンラインカジノは、ハウスエッジが低く、3~5%程度となっています。

胴元の儲けが少ないことから、プレイヤーにそれだけ還元されていることになり、勝ちやすいギャンブルと考えても良いでしょう。
しかし、だからといって、オンラインカジノは、一概に勝ちやすいとはいえないものがあります。

オンラインカジノのデメリットとは?

オンラインカジノには、いくつかのデメリットがあります。それはパチンコやスロットなどのギャンブルと比較して、手軽ではないという点です。

オンラインカジノはアカウントを登録したり入出金に関することも複雑で、手間がかかるというのが現状です。
昨今では電子決済サービスなどが主流となっていますし、サポートが充実しているので、以前よりもプレイしやすくなりました。
しかし、パチンコやスロットと比較しても、トラブルは比較的多いですし、何かあればサポートに英語で相談をしなければなりません。

また、入出金に時間がかかってしまうのもデメリットです。
キャッシュフローが非常に遅く、支払い申請をしても、ワンクッションかかってしまい、時間がかかることが多いのでストレスを感じることもあります。

オンラインカジノは、面倒なギャンブル?

オンラインカジノは、面倒なギャンブル?

オンラインカジノは他のギャンブルと比較して、面倒な部分が多いといわれています。まずは初回登録をする必要がありますし、入金手段を考えなければいけません。

また、オンラインカジノは、規制によってクレジットカードが使えないことも多いです。
本人確認書類を用意しなければなりませんし、少々英語力が必要になる部分があります。

最近では日本語サポートが充実しているオンラインカジノもふえてきてはいますが、パチンコやスロットがトラブルは皆無なのに対し、オンラインカジノは、トラブルが比較的多いのもデメリットです。

キャッシュフローが非常に遅い

オンラインカジノは、キャッシュフローが非常に遅いという点も大きなデメリットです。
手数料もパチンコやスロットと比較しても、時間がかかります。払い戻しの際には、出金手続きをしてから、ワンクッションほど待たされることもありますし、やる気満々の気持ちでも、ストレスが溜まってしまうこともあります。

パチンコやスロットと比較すると、オンラインカジノはまだそれほど手軽ではない面があります。

ギャンブルであることを理解する

ギャンブルであることを理解する

オンラインカジノは勝ちやすいという広告を見かけることも多いですが、オンラインカジノはギャンブルの一つであり、けしてボランティアではありません。
それ故に長期的な長い目で見ると、必ず負けてしまうものです。
このため、過度に期待しすぎるのは避けておき、ペイアウト率はけして100%にはならないということを理解しておくようにしましょう。

どのように遊んでも、けしてペイアウト率以上は勝つことが出来ないのです。

成長分野として今後改善すべきポイント

By   2018年4月12日

オンラインカジノは違法ギャンブル色が強い

オンラインカジノは違法ギャンブル色が強い

日本では、今でもオンラインカジノが違法扱いされているので、オンラインカジノに関連する情報を提示すると、逮捕されてしまうのではという話が出されます。違法ギャンブル色が非常に強くなっていて、カジノ=危ないものというイメージが日本では定着しているのです。
オンラインカジノに関連するイメージが変わるには、相当な時間がかかってしまいます。現在は情報を変えられるような法律改正などもありませんので、オンラインカジノは違法のサービスだと思われ続けているのです。

オンラインカジノはテレビで取り上げられない

オンラインカジノに関しては、報道番組で違法なギャンブルを行っていたと情報が出ない限り、テレビで取り上げられることがありません。店舗のカジノの場合は、海外にあることを紹介した上で取り上げていることも多いのですが、オンラインカジノの場合は違法なギャンブルと判断されているので、テレビ局も取り上げることがありません。
ネットでオンラインカジノに関連する情報が出てきているのはいいですが、ネットの情報は正しいのか不安に感じてしまうことが多いでしょう。ネットの情報は非常に怪しいところもあり、もしかしたら嘘の情報を出しているかもしれません。特に怪しい方法で運営しているオンラインカジノについて、良いように見せかけている可能性もあるので、嘘の情報に騙されることもあるでしょう。
テレビの情報が正しいわけでもありませんが、ある程度の調査をしてから情報を提供しているテレビ番組が多いのは事実ですので、ネットよりも信頼性は多少高いと考えられるのです。

オンラインカジノの合法化はまだ先になる

オンラインカジノの合法化はまだ先になる

日本国内でオンラインカジノが合法になるのはまだまだ先のことになるでしょう。オンラインカジノというのは、本来であればサービスとして運営されているのが海外だけと判断されているのに、日本人が遊べるように設定されているので、厄介なサービスと思われがちなのです。
日本では、オンラインカジノを認めるような法律改正等はまだ行われていません。ジノを支持しているアメリカでさえ、オンラインカジノについては認めていないことが多いので、日本が同盟を組んでいる以上はオンラインカジノに関連する対応は行われないことが多いのです。
その為、残念ながら違法なサービスと言う認識が先行しているというのが現在のオンラインカジノの状況と言えます。

オンラインカジノのディーラーはピンキリ

カジノのディーラーは、しっかりと訓練を受けている中で、最適なサービスを提供していきます。もちろんプロフェッショナルな部分も持ち合わせていて、ルールを間違えないようにすること、ミスを減らすことは当然行っています。
オンラインカジノは、社会的にもディーラーが下手過ぎると思われているため、人によっては攻略しやすいと感じます。ただ、ディーラーが下手すぎるのは、進行という部分にも問題があり、進行がスムーズに進まないでゲームが遊びづらいと思われているのです。

オンラインカジノのディーラーはアルバイト

実際にオンラインカジノが採用しているディーラーは、アルバイトの人が多いです。アルバイト感覚で仕事ができて、意外と収入が多いこともあり、女性からは結構人気があります。しかも、ディーラーが仕事をしている時間は短いので、空いている時間の中で仕事ができます。つまり、本来のカジノに比べると、気軽に仕事ができると考えて良いのです。
プロフェッショナルな仕事が必要となるディーラーですが、アルバイトで採用している女性が確実に進行できるというわけではありません。一応進行に必要な書類などは用意されていて、マニュアルを見ながら進めていくのですが、トラブルがあるとスムーズに進行が行われません。そして、進行が遅いと判断されてしまうと、多くのユーザーが嫌がってしまい、オンラインカジノを利用しなくなります。
ライブゲームでは、進行するペースが非常に重要になっていますし、進行がしっかり行われていないのは非常に問題になりやすいのです。改善が必要なオンラインカジノは多いのですが、手を付けないオンラインカジノも結構あります。

ディーラーの採用も進んでいる

ディーラーの採用も進んでいる

大手のオンラインカジノでは、しっかりと雇用してオンラインカジノのディーラーとして仕事をさせる場合もあります。プロフェッショナルな仕事ができるように、そして多くのユーザーに満足してもらうために、ディーラーのレベルを向上させていくのです。オンラインカジノのディーラーは酷いというイメージを解消するために、オンラインカジノ側も頑張っています。
ディーラーの研修をしっかりと行わせていくことで、徐々にですがディーラーのレベルも向上するようになりました。今後はもっと店舗のカジノに近いようなディーラーが登場して、しっかりと進行する環境も生まれていくでしょう。全てのオンラインカジノが対応するには少し時間がかかりますが、大きなオンラインカジノは変わってくれる可能性が高いです。

オンラインカジノの安全性と合法性

By   2018年1月17日

オンラインカジノは当たらないだけで問題ない

オンラインカジノ

カジノゲームの的中率は制限されているので、一定の確率が出てこないと当たらない仕組みにされていますが、オンラインカジノは詐欺行為やインチキによって当たらない仕組みを採用していることがありません。
もし詐欺行為をしているようなら、監視をしている団体などがしっかり把握して、改善するように指導できるので、問題が起きることはほぼありません。

詐欺行為はオンラインカジノができないもの

厳しい審査をクリアして、ようやく手に入れたのがライセンスなのですが、ライセンスが失われてしまうような行為は絶対にできません。オンラインカジノの場合は、詐欺行為が失うための要因になります。もし詐欺を行って、ユーザーに対して不利益を与えるような形にしているなら、オンラインカジノのライセンスは剥奪されてしまいます。
ライセンスがない状態で、オンラインカジノは運営できないルールとされていますので、もしライセンスを失えばオンラインカジノの閉鎖を余儀なくされます。これまで高額な利益を得られるようにしていたものが、突然のように失われることになりますので、非常に厳しい状況に陥ってしまうことになるでしょう。

インチキなし

インチキはソフトウェアの信頼性を失うだけ

インチキについては、オンラインカジノが独自に設定できるものではありません。オンラインカジノと提携しているソフトウェアの会社が、確率を操作していることで発生する場合もありますが、操作することはできません。ソフトウェアにもルールが設定されているからです。
設定されているルールによって、ソフトウェアは指定されている確率の範囲内に収める必要があります。超えてしまっている分には何も言われませんが、オンラインカジノが損をするだけであり、全く良いものになりません。従って、ある程度の確率に制限させているのですが、一定の範囲内に収まらない場合は指導によって改善しなければなりません。
勝手に的中率の低いソフトウェアに切り替えることができないように作られるので、適当ソフトウェアを作り出せる状況は起こらないのです。

安心できる運営のためにしっかり実施される

オンラインカジノは、安心できる運営をしっかり行うために、あらゆるところから監視や審査を受けることになります。ライセンス剥奪によって、信頼性が無いと思われると、オンラインカジノは消えてしまいます。
ユーザーがおかしいと思わないようにしているのは、オンラインカジノが努力しているためと考えてください。

海外にあるオンラインカジノは問題ない

ギャンブル好きの方ならば誰もが一度はカジノでプレイを夢見たことがあるでしょう。
ラスベガスやマカオなどには世界有数のカジノ建ち並び、24時間世界各国から訪れたプレイヤーがお金を賭けたゲームに興じています。
ですが、海外に行ってまでカジノをやろうと考える方は少ないでしょう。その交通費や宿泊費だけで大きな出費となってしまいますし、仕事を持っている方はそう簡単に長期の休みは取ることが出来ません。
そのため多くの方がカジノでのプレイを夢で終わらせていますが、実は海外に行かなくてもカジノゲームをプレイ出来る方法があるのです。
その方法というのがオンラインカジノの利用です。

オンラインカジノ

オンラインカジノはそのサービス名が現しているとおり、ネット上のカジノのことです。ネット上の架空のカジノといっても、ラスベガス、マカオなどに実在するカジノと同じゲームが揃っていますし、もちろんお金だって賭けられます。
プレイに関しても24時間いつでも出来るので、休日や仕事終わりだけではなく、電車での移動中や仕事の休憩時間などわずかな空き時間の間にプレイすることが出来ます。

このようにオンラインカジノは、インターネットが繋がればいつでもどこにいてもお金を賭けてプレイ出来るギャンブル好きの興味を惹くサービスですが、利用にあたり違法性はないのかと心配する方もいらっしゃると思います。
日本ではカジノは違法のため、国内にカジノは存在しません。カジノ紛いのことを行った場合、運営者はもちろん、利用者も法によって裁かれることになります。
しかし、オンラインカジノは運営元が海外にあります。カジノの運営を認めている国の会社により運営されているので、海外へ行きカジノを利用する場合と近いものがあります。

まだ日本にはオンラインカジノに対する法律がありません。そのため、運営元が海外の会社であり、きちんとしたカジノの許可を得ていれば、たとえ日本国内からオンラインカジノにアクセスし、利用したとしても違法にはなりません。
もちろん、運営元が海外にあっても、サーバーが日本国内に置かれていればそれは違法となりますが、国からの許可を得ているオンラインカジノであればそういったことは絶対にありません。

このようにカジノ運営の正式許可を得ている会社を利用すれば、法に触れ、大きな問題になることはありませんので、利用する際には運営会社が得ているライセンス等を確認してから始めるようにしましょう。