Author Archives: yantra3d

日本で評判の高いベランジョンカジノをお勧めする理由

By   2021年6月3日

はじめに

ベランジョンは、オンラインカジノの中でも早くから日本に進出し、日本語サイトの充実やサポートの日本語対応など日本人利用者に向けたサービスを積極的に展開してきました。
また、オンラインカジノの中で、初めて日本の深夜ラジオ番組のスポンサーになるなど、カジノに対するいかがわしいイメージの払拭にも取り組んでいます。

こうした努力により、日本での知名度も高くなって良い評判を得られるようになり、利用者も増えました。
そのため、ベランジョンカジノは初心者が安心して遊べるオンラインカジノと言われるようになったのです。
ここからは、ベランジョンカジノが日本人の初心者にお勧めできるオンラインカジノとされる理由についつお伝えします。

ベランジョンカジノの概要

ベランジョンカジノの概要
・日本人向けサービスの充実

ベラジョンカジノは、2011年に設立され、ヨーロッパで高い人気を誇っていますが、日本人向けのサービスも充実しています。
サイトや、サポートも日本語な完全対応しており、困ったことやトラブルがあってもれば日本語で問い合わせ可能です。

オンラインカジノは世界中に多数ありますが、サポートも含めて日本語に完全対応しているカジノは、多くありません。
さらに、ベランジョンカジノは、利用者がカジノで儲けたお金を日本国内の銀行に送金するサービスも開始しており、日本での利用の利便性を高めています。

ベラジョンカジノを運営する企業は、2020年1月に新しいプラットフォームに移行し、マルタからキュラソーにライセンスの変更が行われました。
それをきっかけに、日本人のプレイヤー向けに従来以上に多くのゲームや決済サービスを提供するようになりました。
こうした日本人向けサービスのレベルが高いことが、ベランジョンカジノの評判が高いことの大きな理由の1つです。

・安全性と安心性の確保

オンラインカジノは、カジノが非合法の日本では、いかがわしいイメージを持たれることが多いのです。 
ただし、ベランジョンカジノなどの大手業者は、海外の国や自治体、第三者機関から厳格な審査を受けてライセンスを受けています。

例えば、ベラジョンカジノで使用されているスロットゲームでは、数字をランダムに生成する乱数生成器というシステムを採用しています。
そのため、結果を意図的に操作するような、いわゆるイカサマ行為ができる余地は無くなっています

また、ライブカジノでも多数の監視カメラの下で厳格にゲームが行われています。
そのため、ベランジョンカジノでは不正なゲームやディールを行うことは不可能になっています。

こうした厳格なシステムの下でカジノが運営されているため、利用者は安全かつ安心して遊ぶことができます。
それによって、ベランジョンカジノの高い評判が維持されているのです。

多彩なカジノゲーム

多彩なカジノゲーム
・1,500種類のゲームバリエーション

ベランジョンカジノでは、1500種類以上のゲームを揃えており、最新ゲームもいち早く導入されてします。
遊べるゲームが豊富なのも、ベランジョンカジノの評判の高さの要因の1つです。

・豊富なキャンペーン

ベランジョンカジノは、プレイヤーが飽きないように季節限定のキャンペーンやライブでカジノトーナメントを開催しています。
こうした豊富なイベントもベランジョンカジノの魅力と評判の高さにつながっています。

ベラジョンカジノの評判

ベラジョンカジノの評判
ベラジョンカジノは、日本人利用者から高い支持を受けており、評判が高いのですが中にはイカサマなど否定的な見方をする人もいるようです。

・還元率

ベラジョンカジノを始めとするをオンラインカジノの還元率は、およそ96~97%とされています。
オンラインカジノのゲームは、システム上イカサマが入り込む余地はなく、ベラジョンカジノの還元率もその程度だとされています。

ちなみに、日本の競馬など公営ギャンブルの還元率は75%程度であり、それに比べればオンラインカジノの還元率は遥かに高くなっています。

ただし、96%の還元率は全体に対するものであって、個人の利用者に対するものではありません。
そのため、ベランジョンカジノを始め、オンラインカジノで儲けた人と損をした人の数を比べれば、損をする人の数が圧倒的に多くなります。

その一方で、ごく少数の人が大当たりを引くのですが、ギャンブルはそういう物だと割り切る必要があるのです。
ベランジョンカジノで遊んだものの、負けて損をした人の方が多いので、恨み節で悪い評判を流す人がいるのは、ギャンブル業者の宿命でしょう。

・マネーロンダリングの防止

ベラジョンカジノでは、利用者から出金申請がある度にアカウントをの審査を行います。
これは、マネーロンダリング防止のために必要な措置を法忠実に実行している証です。

政府などからライセンスを受けたカジノ企業であるたむ、マネーロンダリング防止に積極的に取り組んでいるのです。
ベランジョンカジノを始めとする大手カジノ業者はルールや規制に厳格であり、それゆえに利用者が安心して遊べ、評判を高めているのです。

ベランジョンカジノでは、出金手続きに時間がかかる場合があります。
これは、マネーロンダリング防止のためのアカウント認証に必要な書類の不備が原因の場合があります。

また、最初にアカウント登録を行った時と、住所などの情報が異なっている場合も、出金申請ができないことがあります。
出金ができない時は、通常サポートより連絡が来ますが、急ぎの場合は、チャットで尋ねてても良いでしょう。

おわりに

ベランジョンカジノは、日本語対応や日本人向けのサービスを積極的に展開してきた結果、日本人利用者から高い評判を得ています。
また、豊富なゲームやキャンペーン、イベントを実施していることも人気の秘訣です。
ベランジョンカジノは、外国政府からライセンスを受けた合法的なカジノ業者であり、イカサマや不正が行われる可能性はなく、初心者でも安心して遊ぶことができます。

オンラインカジノのボーナスの基本とお得に活用する方法

By   2021年5月11日

オンラインカジノのボーナスはキャッシュとわけて使われることが多くなります。
キャッシュを使い切ってからボーナスの消費が始まるケースも珍しくなく、なかなか思うように使えない場合もあります。

ただし、入金不要のボーナスや、ゲーム内通貨を使ったボーナスアイテムの利用で利益をあげる人もいるのがポイントです。
仕組みを知ってうまく活用すれば、それだけチャンスを増やすことができるのです。

キャッシュを失った際の保険として用意する

キャッシュを失った際の保険として用意する

オンラインカジノのボーナスは、キャッシュを失った際の保険として設定されていることが多くなっています。
オンラインカジノは勝つ可能性もあれば、負ける可能性もあります。

負けた際に取り戻すチャンスがなければ、そのままお金を失ってしまうことがポイントです。
そのため、思い切ったチャレンジができるようにと、入金ボーナスなどで保険をつけるオンラインカジノが多いのです。

ボーナスを使えば、負け分を取り戻すためのさまざまなチャレンジができます。
スロットでジャックポットなどを当てれば、億万長者になれるチャンスまであります。
キャッシュを失ってからボーナスが利用できるようになるオンラインカジノが多いのは、お金を失った人のためなのです。

特にオンラインカジノ初心者は、勝手がわからないままお金を失うリスクが高くなります。
初回入金ボーナスなどを充実させれば、ただ負けるだけで終わる可能性を減らせます。
また、オンラインカジノで勝っている人がボーナスを優先的に使い、儲けられない人は儲けられないという不公平を防ぐ役割があるのも特徴です。

ボーナス不要なほど勝ち続けるなら、使う必要もなくなります。
あればお得程度に考えて、ボーナスを積極的に受け取るのも方法になっているのです。

入金不要ボーナスは気にせずに使えるボーナスの一つ

入金不要ボーナスは気にせずに使えるボーナスの一つ

オンラインカジノのボーナスの中でも、入金不要ボーナスは特殊な位置づけになっています。
会員登録をすることで貰える無料のボーナスで、キャッシュがない状態から使えます。
すぐにボーナスを利用できるため、ボーナスで稼げばそのまま出金のチャンスにつながりやすいのが魅力です。

初心者がリスクなしで使えるボーナスになるため、積極的に使っていくのがおすすめです。
複数のオンラインカジノに登録し、無料ボーナスで勝てたオンラインカジノでプレイを続ける方法もあります。

また、オンラインカジノからの会員向けメールで、無料でボーナスが配布されるケースもあります。
配布条件を確認し、特に出金に関する指定がなければ一度キャッシュの残高がゼロになるように引き出してしまうのも方法です。

オンラインカジノのキャッシュがゼロであれば、ボーナスの消費からゲームを始めることができます。
ボーナスを有効活用するチャンスになるため、手持ちの資金のコントロールもセットで考えると使い道が広がります。

任意で購入できるボーナスアイテムを使うのもおすすめ

オンラインカジノの中には独自のゲーム内通貨が存在し、同じくゲーム内のショップでさまざまなボーナスアイテムを購入できるケースがあります。
ベラジョンカジノのコインや、カジ旅のルビーが代表的な存在です。

スロットを無料で回せるフリースピンや、出金条件が低く設定されたキャッシュなど、非常にお得なボーナスが多くなっています。
重要なのは購入のタイミングで、無料ボナーナスを受け取るタイミングと同じくキャッシュがゼロの状態であればすぐにボーナスの利用に入れます。

ボーナスアイテムを利用すれば、還元率を一気にあげることも可能なのです。
また、ゲーム内ショップでセールが行われる場合もあります。

セールのタイミングまでポイントなどを溜めておき、まとめて使えば更に還元率が高まります。
一般的な入金ボーナスなどに物足りなさを感じる場合は、ボーナスアイテムのありなしをチェックするのもおすすめです。

ボーナスではなくキャッシュバックを優先するオンラインカジノも

オンラインカジノのボーナスに対する考え方はそれぞれ異なり、ボーナスよりもポイントやキャッシュバックを優先するケースもあります。
例えばカジノシークレットではボーナスよりもキャッシュバックを優先していて、キャッシュを使い切ったらお金としてすぐに引き出せる仕組みを作っています。

特定のゲームを遊ぶと負け分の一部がキャッシュバックされるなど、利便性の高さを追及しているのが特徴です。
ジパングカジノでは通常のボーナス制度以外にもコンプポイントという独自ポイントを設定しています。

ゲームを遊ぶほどポイントがたまる仕組みで、たまったポイントはキャッシュと引き換えできます。
仕組みや還元方法を比較した上で、ボーナスの金額ではなく、使い勝手を優先してオンラインカジノを選ぶのもおすすめです。

仕組みをしっかり理解することが大切

仕組みをしっかり理解することが大切

オンラインカジノのボーナスは、貰ってもすぐに使えないものが含まれています。
少しでも多く稼ぎたいならボーナスの仕組みを知ることも大切で、受取や利用のタイミングも工夫するとチャンスを増やすことできます。

出金のタイミングも重要で、初回に貰える入金不要ボーナス以外の配布ボーナスは、キャッシュをゼロにしてから受け取ればすぐに使えるのでおすすめです。
ゲーム内で使えるボーナスアイテム購入のタイミングも調整するのがおすすめで、使い方さえ覚えればそれだけ儲けにつながりやすくなるのです。

ネットカジノ最強の必勝法「グッドマン法」

By   2021年2月2日

インターネットで検索すると、多くのネットカジノの必勝法が出てきます。
なかには、数百年以上前に発明された必勝法もあれば、直近にプレイヤー達が編み出した必勝法など様々です。

なかには、2連勝出来れば損失が出ず、仮に負けてしまった場合にもマイナスが少なく済む、リスクがとても低い必勝法があるのです。
この記事では、手堅く勝つことが出来るネットカジノ必勝法「グッドマン法」について紹介していきたいと思います。

グッドマン法とは

グッドマン法とは

まずグッドマン法とは、ベッティングシステムの1つです。
ベッティングシステムとは、ネットカジノのゲームにおいてどのような賭け方をするか、ベット額を調整するかの必勝法の事です。

何も考えずに、やみくもに同じ額を賭け続けるのも1つの手と言えます。
しかし、ネットカジノは期待値が100を割っているのです。

統計的に考えても、この戦略では収支をプラスにする事は難しいでしょう。
だからこそ、ベッティングシステムと必勝法は存在しており、今回紹介するグッドマン法も発明されたのです。

システムベッティングの中には様々なタイプがありますが、その中でも手堅く守りの戦略として知られているのがグッドマン法です。
別名「1235法」とも呼ばれており、やり方もとてもシンプルなのが特徴になっています。
グッドマン法は勝利した時に少しずつ利益が生まれていき、長く続ければ続けるほど利益が膨らんでいく必勝法なのです。

グッドマン法のやり方

グッドマン法のやり方

グッドマン法の手順は、以下になります。

1. 1ゲーム目は「1ドル」でスタートする。
2. 勝利した場合、次のゲームは「2ドル」で勝負する。
3. 勝利した場合、次のゲームは「3ドル」で勝負する。
4. 勝利した場合、次のゲームは「5ドル」で勝負する。
5. その後も勝ちが続く限り、ベット額は「5ドル」で固定し勝負し続ける。
6. もし1~5の途中で負けた場合、1に戻る。

別名1235法とも呼ばれてる通り、勝つたびに1→2→3→5とベット額を増やしていき、途中で負けてしまった場合1ドルからやり直す必勝法です。
ここで、疑問に思った方もいるのではないでしょうか。

なぜ3ドルの次に、4ドルで賭けないかという点です。
それはグッドマン法の本質が、勝利した場合に配当金を確実に手元に残して賭けていく必勝法だからです。

「1→2→3→5→5→…」と賭けていくときに、勝利した場合の配当金が「2→4→6→10→10→…」となります。
つまり、3連勝目以降は確実に手元に資金が残りつつ勝負が続いていくのです。
それこそが、ネットカジノ必勝法「グッドマン法」の真骨頂になります。

このネットカジノ必勝法が使えるゲームは、勝率が1/2のゲームです。
「バカラ」や「ルーレット」、「ブラックジャック」などが挙げられます。

グッドマン法のデメリットとデメリット

デメリット
グッドマン法のデメリットには、勝ち負けが交互になった際に損失が出る点が挙げられます。
勝率が1/2なので、勝ち負けが交互に続く時が稀にあります。

その時は、グッドマン法を中断し、他の必勝法に切り替えるのがいいでしょう。

グッドマン法のメリット
グッドマン法最大のメリットは、リスクが低い事でしょう。
グッドマン法では連敗が続いた場合には、常に賭け金は1ドルと固定されています。

つまり、損失額が大幅に増える事はなく、負けたとしても利益を残すことが出来るのです。

もう1つのメリットは、勝ち数と負け数が同数の時にも利益が出るという点です。
勝率が1/2という事は、数学的には勝敗の数が同じになります。

そして、その場合グッドマン法では利益が出る仕組みになっているのです。
また、最初に連勝して後で連敗が続いたとしても、利益を残すことが可能になっています。

グッドマン法をもっと上手に使うポイント

グッドマン法をもっと上手に使うポイント

1235法という別名もあり、この記事でも1ドルと仮定してお伝えしてきました。
しかし、自分の資金に余裕がある方は「10ドル単位」でも問題ありません。

勝った場合にグッドマン法を使い、10ドル→20ドル→30ドル→50ドルのような形で、グッドマン法のベースを崩さなければオッケーです。
賭け金を増やしているため、勿論得られる利益も10倍になります。

また、利益を早めに確保したい場合には、あえて連勝してるときに止めるという手もあるでしょう。
勿論損失も生まれなく、利益を確保して止めて、コツコツ資金を貯めるのも戦略の1つです。

グッドマン法では、3連勝すれば利益が確定します。
4連勝、5連勝すれば当然利益はその分大きくなっていきますが、3連勝目で止めるのも賢い選択になるでしょう。

まとめ

この記事では、ネットカジノ必勝法の1つとして「グッドマン法」を取り上げました。
グッドマン法は、リスクを取らずに利益を確実に出していきたい、という人におススメです。
また、賭け金も少ないためじっくりネットカジノを楽しみたいという方にもおススメできるでしょう。

カジノゲームは、なかなか連勝だけでは語れない部分も多いです。
そのため、負けが続いた場合にも利益を残せる必勝法はとても貴重になっています。

ヨーロッパ屈指の人気カジノが日本上陸

By   2020年11月6日

レオベガスカジノが日本上陸

レオベガスカジノが日本上陸

レオベガスカジノは、ヨーロッパを中心に海外で高い人気を誇るオンラインカジノです。
運営会社であるLeoVegas ABは、スウェーデンのナスダック・ストックホルムに上場しているほどの一流企業なので、資金力や信用面においての不安はありません。

これまでに、海外オンラインギャンブルの様々な賞を受賞しており、サイト内にはバナーが掲載されています。

日本人向けサイトは、2019年10月にオープンしたばかりですが、ユニークなボーナスシステムや専用ライブカジノを作るなど、独自のサービスを展開しています。

ここでは、そんなレオベガスの魅力を分かりやすく紹介します。

ユニークな初回入金ボーナス

レオベガスの大きな特徴は、条件をクリアすると必ずもらえる2種類の初回入金ボーナスです。
一般的なオンラインカジノでは、入金額+ボーナス額の30~40倍のベットが出金条件ですが、レオベガスは独自のシステムを提供しています。

ボーナスは、スロット・テーブル用とライブカジノ用に分かれていますので、それぞれ説明します。

スロット・テーブルゲーム用ボーナス
初回~3回目の入金時に、入金額に応じて1,500円~最大80,000円までの現金が進呈されます。
ボーナスを受け取るための賭け条件は、入金額の30倍です。

この賭け条件は、1度の入金でクリアする必要はなく、クリアするまで繰り返し入金してベットした金額が反映されます。

ライブカジノ用ボーナス
ライブカジノも、スロット・テーブルゲームと同じ仕様ですが、賭け条件は40倍となっています。
ただし、プレイヤーへの還元率が高く勝ちやすいバカラ、ルーレット、ブラックジャックなど、すべてのゲームの反映率が100%なのが特徴です。

ほとんどのカジノで、ライブカジノの反映率は平均5~10%ですから、ライブカジノ好きなプレイヤーにはとても魅力的なシステムといえます。

もちろん、ライブカジノ用ボーナスも、クリアするまで繰り返し入金してベットした金額が反映されます。

信頼性の高いライセンスを取得

信頼性の高いライセンスを取得

海外のオンラインカジノを利用する人の中には、入出金のトラブルやゲームのイカサマについて不安な人もいるのではないでしょうか?

レオベガスは、マルタ共和国の政府機関が発行したMGA(マルタ・ゲーミング・オーソリティ)ライセンスを取得して、健全に運営されています。
MGAライセンスは、オンラインギャンブルのライセンスの中でも、信頼度は最高峰ですからゲームの公平性や迅速な入出金などについてのトラブルは、まずありえません。

全てのゲームで、RTP(プレイヤーへの還元率)も確認できます。

1000機種以上の豊富なゲーム

レオベガスでは、NetEnt、Play’n GO、Micro Gamingといった業界最大手クラスのプロバイダのソフトを導入しており、1000種類以上の豊富な機種の中からお好きなゲームを選べます。
数千倍のボーナスが期待できる爆裂スロット、一攫千金を狙えるジャックポット型スロット、サクサクと快適にゲームが進むテーブルゲーム、カードゲームが選び放題。

サイト内では、人気ゲーム、新台、ジャックポットなどのゲームが見やすく分類され、検索システムもプロバイダ別、ゲーム別に指定できるよう工夫されています。

業界でも珍しい専用ライブカジノを常設!

業界でも珍しい専用ライブカジノを常設!

ソフトゲームだけでなく、リアルカジノのような臨場感を体感できるライブカジノの充実ぶりも見逃せません。

業界最大手のプロバイダ、Evolution Gamingのライブスタジオを導入しており、バカラやブラックジャック、ルーレット、ポーカーといった定番テーブルゲーム、モノポリーやマジックボールといったギャンブル性の高いゲームも揃っています。

特筆すべきは、レオベガスのプレイヤー専用テーブルが用意されているという点です。
一般的なオンラインカジノでは、ブラックジャックのようにプレイヤーが勝ちやすく人気の高いゲームは、夜になると満席になっていることが多く、低レートで遊べるテーブルへすぐに座ることができません。

そんなプレイヤーの不満を解消するために、レオベガスではレオ専用テーブルを用意しています。

ブラックジャックだと、最小500円からベットできるテーブルがありますから、資金の少ない人でも本物のディーラー相手に遊べます。

全てのデバイスから利用できる!

レオベガスのゲームは、AndroidやiPhoneなどモバイル端末にも対応しています。
業界内で「King of Mobile(モバイルカジノの王様)」と呼ばれているとおり、スマホからのユーザビリティも申し分ありません。
ブラウザからアクセスしても遊べますし、専用アプリもリリースされています。

2019年7月には、モバイルから2つのゲームを同時にプレイできる「レオ・マルチプレイ機能」をリリースするなど、スマホ分野には特に力を入れており、外出先や通勤中などでも気軽にオンラインカジノを楽しむことが可能です。

オンラインカジノをより快適にするヴィーナスポイント

By   2020年10月6日

ヴィーナスポイントとは

ヴィーナスポイントとは

オンラインカジノを楽しむのは良いけどお金の管理が大変だし、入金の手順もめんどくさい。
やってみたいけど、入金方法が難しそう。
そんな時に使えるのがヴィーナスポイントというシステムです。

まず、オンラインカジノとは、オンライン上にあるサイトで行うカジノのことです。
一種のゲームサイトなのですが、特徴的なのはお金をかけてギャンブルが行えることです。

海外の国がその国の法律に基づいて運営しているため、日本でもカジノを楽しむことができるのです。
しかし、これは現実世界のお金を使うのですが、ネットサイトであるため入金が面倒だったり、ドルやユーロへの換金が必要だったり、お金を受け取るための対応銀行が限られていたりとなかなか手間がかかります

ヴィーナスポイントはそんなオンラインカジノを遊ぶ上で非常に便利なのです。
ヴィーナスポイントとは、一言で言うと資金(ポイント)を受け取ったり、送ったり、換金が簡単にできるサービスです。

まず、基本的な仕組みです。
ヴィーナスポイントはポイントでお金の管理をします。

1ポイントは1ドルとし、銀行から振り込まれたお金をポイントに換算、その後オンラインカジノサイトで使うことができます。
オンラインカジノからお金を引き出したいときは、オンラインカジノのサイトからヴィーナスポイントを通して日本円へと換金されます。

手順としては、日本円とポイントの間で換金をするときは換金額、口座(銀行名や名義など登録可能)を入力し、同意をおすと完了です。
2営業日ほどで換金が完了しています。

逆にゲーム内からポイントを送ったり受け取るときは、オンラインカジノのサイトから手続きを行うだけです。金額とヴィーナスポイントのIDを入れるだけで完了します。

ヴィーナスポイントが選ばれる理由は4つ

ヴィーナスポイントが選ばれる理由は4つ

①簡単さ
ヴィーナスポイントの登録自体は2分で行うことができます。
メールアドレスを入力し、名前などの情報を入力することで登録完了です。

上で書いたように、換金や入金も非常にステップが少なく簡単になっています。
また、換金すれば国内の銀行振り込みで現金を受け取れるので、複雑な手続きが必要なく非常に便利です。
(現在、楽天銀行以外の銀行ならどこでも対応しているようです。)

公式サイトは日英対応なので、日本語でアカウントの作成から取引まで行うことができます。
何かトラブルがあった場合にも日本語でのサポートが受けられるのです。
公式お問い合わせにも日本語で質問可能で、迅速に対応してもらうことができます。

英語が話せなくても手軽に利用できるのです。
1万ドル以上の入金で追加の資料が必須、上限は2万ドルほどとなっているのですが、よほどのことがない限り気にしないで利用することができるでしょう。

②お得
ヴィーナスポイントはなんといってもお得です。
維持費は0円で、口座開設やオンラインカジノへの送金、引き出しはなんと無料になっています。

また、銀行への換金も200円弱ほどしか手数料がかかりません。
さらにヴィーナスポイントにはポイントバックの制度があります。
使えば使うほどお得になるのです。

例えば、オンラインカジノに入金をすると、入金額の最大2%が返ってきます。
お金を送ったり受け取ったりしているだけなのにお金をふやすことができるです。
無料の維持費に極めて低い手数料にプラスとしてのポイントバックの制度があるということになります。

これは、お金を節約したい方にもおすすめできます。

③ポイントでの管理
ヴィーナスポイントでは、お金を1ドル1ポイントと扱います。
ヴィーナスポイント入金時に自動的にポイントに換算されるため、換金が非常に簡単になっています。

またポイントはアメリカドルと同価値なのでオンラインカジノで使う時にも簡単に換算できます。
例え遊んでいるオンラインカジノが日本円に対応していなくてもそのまま遊ぶことができるのです。

また、複数のオンラインカジノからの送金が自由に行えるので、複数のサイトを使っていてもまとめて同じ単位でのお金の管理や換金が可能で、手間が省けます。

④安全性
やはり、お金の管理というと気になるのが安全性ですよね。
ヴィーナスポイントでは安全性を徹底しています。
ウェブサイトはロボットのアクセスを防ぐヘッダーが利用されています。

また、個人情報セキュリティ保護装置によって保護されているコンピュータで管理されているので安全です。

ヴィーナスポイントはイギリスのヴァージン諸島に会社があるので、物理的にも安全な場所に位置しています。

まとめ

まとめ

以上、オンラインカジノで使えるサービスのヴィーナスポイントについてまとめてみました。
気軽に登録、利用ができる上に非常にお得でアカウントを作るだけでなら無料のサービスです。

オンラインカジノを遊んでいる方、これから利用したいと考えている方はヴィーナスポイントも利用してみてはいかがでしょうか。

インカジ違法性とオンラインカジノの安全性

By   2020年7月28日

インカジの摘発と逮捕について

インカジの摘発と逮捕について

今となってはインカジの摘発、逮捕についてのニュースはそれほど珍しいものではなくなりました。
日本で初めてインカジが摘発され、逮捕者が出たのは2006年のことです。
初めての摘発、逮捕ということで、ゴールドラッシュというそのインカジの名は今でも語り継がれています。

ゴールドラッシュは京都市で運営されていて、店内十数台のパソコンにオンラインカジノをインストールし、それを客にプレイさせていました。
インストールされていたオンラインカジノはフィリピンで合法ギャンブルとして認められているオンラインカジノで、そのゲームに関しては不正などはまったくなく、誰でも安全に利用できるものとなっていました。

ゴールドラッシュでは1ポイントを100円で購入させ、ポイントの残高に応じて店内で精算するという仕組みとなっていて、その店内での金銭の受け渡しが賭博罪に触れ、摘発、逮捕されることになりました。

逮捕されたのはゴールドラッシュの従業員2名と利用客2名の4名です。
利用客は単純賭博罪として罰金刑で済みましたが、2名の従業員は単純賭博罪よりも重い常習賭博罪として逮捕され、執行猶予付きの懲役刑に処されることになりました。

ゴールドラッシュの利益はどこにあったのかというと、これが少々複雑で解明されるまでにもそれなりの時間を必要としました。
オンラインカジノにはボーナスというアカウント登録や入金でもらえるサービスがあるのですが、ゴールドラッシュはこのボーナス分を使って客にゲームをプレイさせていました。

ゴールドラッシュが登録していたフィリピンのオンラインカジノはVIP会員になるとポイントの購入額に対し100%のボーナスが付与されていたので、客が負けた分の半分をゴールドラッシュとオンラインカジノ側で折半し利益を重ねていました。

2006年当時はオンラインカジノについての情報も少なく、ゴールドラッシュ側もオンラインカジノを用いたギャンブルを違法行為だとは思っていなかったようで、店の外にはオンラインライブゲームカフェと書かれた宣伝用の看板もありました。

こうして堂々と運営されていたことから、利用客もまさか違法ギャンブルになるとは知らずに利用を続けてしまっていたようです。
そして、このゴールドラッシュの摘発、逮捕から、インカジの取り締まりが厳しくなり、その捜査の手は全国の歓楽街へと広がりました。

最近も2020年3月に新宿歌舞伎町や渋谷のインカジを警視庁が一斉に摘発し、多くの逮捕者が出ました。
その逮捕者数は、運営していた経営者が6人、店の従業員14人、利用客11人の計31人という前代未聞の人数となりました。

どのインカジもお金のやりとり等に若干の違いがあっても、店内にてゲームをプレイするための費用を支払い、プレイ終了後に精算するという仕組みに違いはなく、ゴールドラッシュの時と同様にそうした店内での金銭授与が摘発、逮捕に繋がりました。

全国的にインカジの取り締まりが強化されているので、今後インカジの数は減っていくと考えられていますが、それでもまだ影に潜むように運営しているインカジは多くありますので、万が一インカジへの誘いを受けたとしても利用しないようにしましょう。

公営ギャンブル以外のギャンブル行為は違法

インカジの違法性は、店内にて金銭の受け渡しが行われるところにありますが、そもそもギャンブルに対しての法律である賭博罪は、公営ギャンブルの競馬、競輪、競艇、オートレース、宝くじ以外のギャンブルに対して設けられているものなのでインカジの存在自体が違法です。

そして、賭博罪として逮捕するには、ギャンブルを主催する運営会社の関係者とギャンブルを行う利用者が同じ場所にいなければなりません。
この賭博罪での逮捕の条件にもインカジは当てはまりますので、インカジの運営、利用をするとやはり逮捕されることになります。

公営ギャンブル以外のギャンブル行為は違法

オンラインカジノも違法ギャンブルなのか

インカジはオンラインカジノを用いたギャンブルですが、オンラインカジノをインカジからではなく、個人のパソコンやスマホ、タブレットから利用した場合は賭博罪として逮捕されることはありません。

インカジのパソコンからの利用は違法で、個人のパソコンからの利用は違法ではないというのは、どこかおかしいように思いますが、これは確かな事実で、オンラインカジノの個人利用は賭博罪の対象とはなりません。

オンラインカジノの個人利用が賭博罪の対象とならない理由は、賭博罪の前提条件に当てはまらないからです。
胴元となるオンラインカジノの運営会社は海外にあり、張り子となる利用者は日本にいるということになります。

これはインターネットを利用したギャンブルならではの特殊な状況ですが、運営会社だけではなくギャンブルの開催場所であるサーバーも海外に置かれているため、オンラインカジノの利用は海外のカジノに足を運びギャンブルを楽しんでいることと変わりません。

入出金の決済に関しても海外の決済サービスを用いることになるので、日本国内にて金銭の受け渡しが行われたということにもなりません。

このようにオンラインカジノの利用は合法ではないのですが、違法にもあたらないので、個人として利用する分には賭博罪に処されることなくギャンブルを楽めます。

オンラインカジノも違法ギャンブルなのか

最新の決済手段以外にも魅力あふれるカジノ

By   2020年4月17日

ビットコインによる入出金という、まさに「これまでにないオンラインカジノ」として注目を集めているビットカジノ。
どうしても「ビットコインが…」という点ばかりがクローズアップされているのですが、決してビットコインだけが全てではありません。

確かにビットコインによる入出金を可能にしていますので先進的なものであるのは間違いありません。
しかし、単純に「オンラインカジノとしての実力」を見ても、実は決して侮れないものでなることが分かります。

ライジングスター賞にノミネートされました

ライジングスター賞にノミネートされました

ビットカジノは2016年のEGRオペレーターアワードに於いて、ライジングスター賞にノミネートされた経験があります。
EGRオペレーターアワードは日本人ユーザーにとっては耳慣れないものかもしれませんが、「ゲームの世界版オスカー賞」とも言われているものです。
EGRオペレーターアワードは、決してビットッコインが使えるから評価しているのではなく、ユーザーに対してどのようなものなのかという点まで含めてのものです。

つまり、決して「ビットコインが使えるから」だけではなく、その点も含めて、ユーザーが「安心して楽しめるオンラインカジノ」であり、かつ「これまでのオンラインカジノにはない先進的なもの」であることが分かるのではないでしょうか。

1400種類以上のゲームを用意

ビットカジノには1400種類以上のゲームが用意されています。
これだけのゲームがあれば、「とりあえずどんなゲームがあるのか」を確認するだけでもかなりの時間が必要になるのではないでしょうか。

いろいろなゲームを楽しんでみたい人はもちろんですが、自分のお気に入りのゲームを楽しみたいという人にとっても、1400種類ものゲームのあるオンラインカジノであれば、自分に合うゲームを見つけることができるのではないでしょうか。

しかし、決して「質より量」で数だけに頼っている訳ではありません。
ビットカジノが採用しているソフトウェアはネットエントやエボリューションなど、国内外から信頼を獲得している者ばかりです。
TST等、第三者機関からの審査を受けていますので、まさに「質量ともに」信頼できるオンラインカジノであることが分かるのではないでしょうか。

どんなボーナスがあるのか

どんなボーナスがあるのか

ビットカジノにももちろん初回特典が用意されています。
初回入金に関しては100%のボーナスがありますし、2回目の入金、さらにはリロードなどにもボーナスが用意されています。

また、ハリウッド旅行や賞金シェアなど、様々なプロモーションが用意されています
この点だけを見ても、ビットカジノが魅力的なオンラインカジノだと分かるのではないでしょうか。

日本語サポートもOK

日本時間の平日10時から21時まで、日本語カスタマーサービスによる日本語対応を行っています。
しかも、対応時間を増やすことも検討しているとのこと。

日本人ユーザーのこともしっかりと意識していることが分かるのではないでしょうか。

ライセンスについて

もちろんライセンスも取得しています。
ビットカジノはキュラソーから認可を受けています。

なぜキュラソーなのかといえば、運営会社がキュラソーにオフィスを構えているからです。
また、先にもお伝えしたように、採用しているソフトウェアがTSTなどの第三者機関からのチェックも受けていますので、公平性に関しても問題ないオンラインカジノと考えてよいでしょう。

ライブカジノは24時間体制

ライブカジノは24時間体制

ビットカジノの魅力の一つに挙げられるのがライブカジノです。
24時間体制なので、日本人ユーザーでも、時差を気にすることなくいつでも好きな時に楽しめます。
初心者向けのライブカジノから、ハイローラーも十分に満足できるライブカジノまで、こちらも豊富なゲームが用意されています。

ライブカジノは、近年オンラインカジノの中でも高い人気を集めるに至っていますが、対応している時間が限られていたり、日本人ユーザーにとっては時差の影響もあって思うように楽しめないという話を耳にすることも珍しくないのですが、24時間対応であれば、そのような心配も無用です。

特にビットカジノはスマートフォン等モバイル端末からアクセスするユーザーも見越していますので、スマートフォンやタブレットでも臨場感溢れるライブカジノを楽しめますので、幅広いユーザーが「気軽に」楽しめる点もまた、ビットカジノの魅力と言えるでしょう。

まとめ

ビットカジノは決してビットコインだけが特徴ではありません。
むしろ、ビットコインと関係していない部分に於いても、様々な魅力を持っているオンラインカジノだと分かるのではないでしょうか。

ビットコインを保有している人、あるいはビットコインに興味を持っている人にとってビットカジノは興味深いものかと思いますが、ビットコインに興味を持っていないユーザーにとっても、ビットカジノは魅力的なオンラインカジノであることは間違いありません。

オンラインカジノの信憑性と勝ちやすさ

By   2020年1月23日

オンラインカジノは他のギャンブルより勝ちやすい?

オンラインカジノは他のギャンブルより勝ちやすい?

日本には競馬や競輪、競艇などの公営ギャンブルが存在しているのはご存知の通りで、各種宝くじも言ってしまえばギャンブルの1つです。
これらに共通する特徴として、胴元側による控除(いわゆるテラ銭です)が大きいことが挙げられます。

ギャンブルは胴元側が有利なのは言うまでもありませんが、競馬などの公営ギャンブルでは約25%が控除される仕組みで、宝くじに至っては、約55%も控除されているのです。
つまり、1億円の売上げがあった場合、競馬ではそこから約2500万円を控除した残りの約7500万円を的中者に配分しています。
宝くじはもっと酷いもので、高額当選ばかりが話題になりますが、全体では売上げの半分未満しか払い戻していません。

それらと比較して、オンラインカジノの控除率は平均して5%前後だと言われています。
利用するオンラインカジノによっても異なりますが、悪くても10%以上ということはありません。

この控除率であれば、1億円の売上げがあったとすると、そこから約9000万円以上もの払い出しを行っている訳です。
これだけ参加する側に有利なギャンブルも、そうはないと言っていいでしょう。

この点から考えて、競馬などの公営ギャンブルや宝くじと比較した場合、比べものにならないほど勝ちやすいと考えることができます。

優良なオンラインカジノの見分け方

優良なオンラインカジノの見分け方

オンラインカジノが他のギャンブルより勝ちやすいという点は既に書きましたが、その中でも少しでも勝ちやすいサイトを利用したいのは当然です。

その見分け方として、一番なのが「ペイアウト率」での比較です。
このペイアウト率とは、先に挙げた売上げからの控除率を差し引いた、実質的な払い戻し率です。

多くのオンラインカジノでは、これをサイト上で公式に発表しています。
95%だとすると、1億円の売上げに対して9500万円は払い戻しているということです。

この発表がないオンラインカジノもありますが、そのようなサイトはあまりお勧めできません。
オンラインカジノによっては、ゲームごとに(ポーカー、ルーレット、スロットマシンなど)その数値を公開しているので、自分がプレイしたいゲームのペイアウト率が少しでも高い所を利用した方がいいのは言うまでもありません。

オンラインカジノはどこが運営してる?

オンラインカジノは海外の運営会社が運営しています。
日本から利用できるオンラインカジノはかなりの数がありますが、それぞれカジノ営業が合法だと認められている国や地域にて、きちんとオンラインカジノ営業の営業許可をとった上で運営しています。

日本でもカジノ営業を含むリゾート法案が成立しましたが、オンラインカジノのようなネットを使った仕組みに関しての法整備の方は全く進んでいないのが実情です。
いずれは日本の会社が運営するオンラインカジノが海外から利用される時代が来るかも知れませんが、現在では海外のサイトを利用することになります。

海外のサイトというと、一番に気になるのが言語の問題ですが、日本語に対応したサイトがほとんどなのでその心配はありません。
運営は海外の会社ですが、特にこれといってそれを気にする必要はなく、どこもその国や地域できちんと許可をとって営業しているので、安心して利用してください。

オンラインカジノへの入出金方法は?

これは、利用するオンラインカジノにも依りますが、多くのオンラインカジノでは、クレジットカードによる入金が可能です。
これができる場合には、一番手間が掛からないのでお勧めです。

それに対応していないサイトの場合、何かしらの「決済サービス」を経由して入金することになります。
オンラインカジノによって対応している決済サービスが違うので、最初にそれを確認しましょう。
決済サービスの自分のアカウントへの送金は、日本の銀行口座から行えます。

出金は、ほとんどの場合で決済サービスの経由になると考えていいでしょう。
オンラインカジノからそのアカウントに対して出金し、そこから自分の日本の銀行口座へ送金してください。

このように、オンラインカジノの利用には、そのサイトに対応した決済サービスがつきものです。
オンラインカジノに利用登録を行う前に、対応している決済サービスにアカウントを作るところから始めましょう。

オンラインカジノで勝つと税金が掛かる?

オンラインカジノで勝つと税金が掛かる?

オンラインカジノで出した利益は、「一時所得」という扱いです。
原則的に経費は認められないので、1年間の利益分から50万円の特別控除を差し引き、残りの1/2がその年の課税対象になります。

例を挙げると、1年間で120万円の利益が出た場合、50万円を引いた70万円の1/2になる35万円が課税対象です。
これを他の所得(給料など)と合計して所得税の計算を行います。
会社員としての所得が年間で300万円という(この他の所得はない)場合、その年は所得が335万円として計算してください。

会社員であれば(元から源泉徴収されているので)給与所得に関しての申告はする必要ありませんが、オンラインカジノで課税対象になる利益があった年には、確定申告をする必要があるということです。
それによって税額が変わり、源泉徴収分とは別に追加の支払いが必要になります。

黙っていれば分からないのではないかと考えてしまうかも知れませんが、オンラインカジノは性質上、銀行口座を通して出金されます。
よって、黙っていても分かってしまうので、きちんと自ら申告しましょう。

もし後から発覚した場合には、追徴課税(通常の計算より多く支払うことになる)という罰則が待っているかも知れません。
これにはくれぐれも気を付けてください。

様々な事実が示す安全性

By   2019年10月10日

オンラインカジノを利用する際、最も気になると言っても過言ではないのが、安全性と信用性になります。

オンラインカジノの中には、残念ながら闇サイトと言えるようなサイトも紛れ込んでいるのが事実。
その為、オンラインカジノを始める際は、本当に安心して利用する事ができるサイトなのか見極め、利用する事が大切になります。

そこで、今回、オンラインカジノの中でも人気の高いベラジョンカジノの安全性・信頼性において調べてみたいと思います。

様々な事実が示す安全性

オンラインカジノ運営に必要なライセンスの取得

オンラインカジノを正式に運営するためには、オンラインカジノのライセンス発行している国からのライセンスを取得しなければいけません
日本人から考えると、オンラインカジノのライセンスを発行している国などそう多くないと思うかもしれません。

しかしながら、世界には多くのライセンス発行国があり、それらの国のライセンスを取得し、多くのオンラインカジノは運営されています。

ただし、どこの国のライセンスでも安心だと言えないのが実情で、ライセンス発行国の中には、ライセンス取得料さえ支払えば、ライセンスを発行している国もあります。
これでは、本当に信頼できるかは不明です。

その点において安心できると言えるベラジョンカジノ。
一般的にライセンスの信頼性が高いと言われているマルタ・イギリス・イギリス連邦加盟国・マン島・ジブラルタルの中のマルタ共和国のライセンスを取得しています。

この事からライセンスに関しては、問題のないベラジョンカジノだと言えるのです。

第三者の審査

第三者の審査

いくら、信頼性の高い国のライセンスを取得しているからと言って、実際に運営が始まってから誰からも審査を受けなければ、インチキをし始めているかも知れません。
そこで重要視されるのが第三者機関からの定期的な審査です。

その点においても、問題のないベラジョンカジノ。
ベラジョンカジノでは、マルタ共和国が指定した第三者機関からの審査を定期的に受けている為、インチキなど出来ない状態となっています。
その為、ゲームの公平性、ペイアウト率などすべて信用し安心して楽しむ事が可能になっています。

業界内におけるベラジョンカジノの位置

世界に目を向ければ大きな世界とも言えるオンラインカジノの世界。
その中で、ベラジョンカジノがどういった位置づけになっているのかという事を調べることでも、信頼性がわかってくる事と思われます。

オンラインカジノの場合、老舗と呼ばれる古くから運営しているサイトもあるものの、ベラジョンカジノの場合は2010年創立となります。
その為、年数的に見ればまだ浅く、信頼性が低いと言えるのかも知れませんが、既に9年間も問題なく運営していると思えば、特に心配することなく安心して利用する事ができる証になっていると思います。

入出金方法が簡単なベラジョンカジノ

オンラインカジノを楽しむ上で大切にしなければいけないのが、入金方法と出金方法です。
まず、入金方法においてベラジョンカジノでは、ecoPayzやiWallet等、電子決済サービスをはじめ、2017年からはビットコインを使っても入金する事が可能になりました。

それだけでも便利なのですが、実際、ビットコインを利用していないオンラインカジノ利用者も少なくありません。
そういった人にお勧めなのがクレジットカードの利用です。
オンラインカジノの中には、クレジットカードに利用が不可となっているところも多い中、ベラジョンカジノではクレジットカードを利用し、入金する事が可能になっています。

その為、クレジットカードさえあれば、すぐにでも入金しオンラインカジノを楽しむ事が可能になっています。

一方、出金したい場合は、ビットコイン・Venus Point(ビーナスポイント)・iWallet(アイウォレット)・エコペイズの利用が必要となります。
その為、入金の際はクレジットカードを利用したとしても、出金の際はどうしてもこのような決済サービスを利用する必要があるので、準備しておく必要があります。
出金する事を考え、あらかじめ電子決済サービスの準備をしておく事も必要となります。

入出金方法が簡単なベラジョンカジノ

まとめ

以上がベラジョンカジノが信頼できる要点となります。
口コミを見ても、問題のないオンラインカジノだと言えるベラジョンカジノ。
ペイアウト率も高く、もちろん、その数字に偽りなく楽しむ事ができ、日本でも多くの人が楽しんでいるオンラインカジノです。

日本語サポートサービスも行っている事から、安心して利用する事ができる点も評価が高く、多くの日本人が利用していると言う点は、初めてオンラインカジノを利用する人にとって、安心できる大きなポイントになっていると言ます。

それに加え、マルタ共和国のライセンスを取得している点は高く評価する事ができると思われます。

オンラインカジノが解決すべき様々な課題

By   2019年7月3日

オンラインカジノは社会的な問題を抱えている

オンラインカジノは社会的な問題を抱えている

オンラインカジノは、社会的な問題をいくつか抱えています。
オンラインカジノは海外で運営されているギャンブルであり、日本国内にはまだそれほど馴染みはありません。
とはいえ、日本国内では右肩上がりでプレイヤーが増えてきています。

オンラインカジノは、とても楽しめる気軽なギャンブルですが、その一方で気をつけなければならない部分もたくさんあるのです。
そこで、オンラインカジノが抱えている社会的な問題点の数々についてみていきましょう。

オンラインカジノの問題点ギャンブル依存症とは

オンラインカジノの社会的な問題点としてギャンブル依存症の問題があります。
ギャンブル依存症とは、行為・過程アディクションの一種で、ギャンブルの行為や過程に必要以上に熱中し、のめり込んでしまう症状となっています。
日本でギャンブル依存の疑いがある人の数は直近1年間で約54万人と推定されています。

このように近年ではパチンコを主体としたギャンブル依存症が日本でも表面化しており、オンラインカジノのギャンブル依存症についても増加しています。
オンラインカジノの場合は、公営ギャンブルではないため、データとして出ていないものの、オンラインカジノの多様化で年々そのプレイヤー数が増えていることは確かとなっています。
オンラインカジノに関する掲示板等では、夢中になっていて、散財したという書き込みも実際にたくさんありますので、実際にオンラインカジノにのめり込んでしまっている人も数多くいるはずです。

オンラインカジノはパチンコ等の公営ギャンブルより依存度が高いと言われています。

今、オンラインカジノをプレイしている人の中には、以前は別のギャンブルをしていたという方が多いと言われています。
これはなぜかというと、オンラインカジノの大きな特徴の一つとしては勝つ時と負ける時の「リターン」の差がより激しいという点があります。

このため、ギャンブルに元々興味のある方ははまり込みやすく、のめり込んでしまいやすいのです。

オンラインカジノの場合、さらにクレジットカードで後払いが出来ますので、手持ちのお金がなくてもいくらでも賭けることが出来ます。
そこで、生まれやすくなるのがギャンブル依存症なのです。

一度ギャンブル依存症となってしまえば、自らの意思では消して止めることは出来ません。
周囲や家族の助けが必要になりますし、サポートなしでは、仕事も生活も立ち行かなくなってしまいます。
したがって、オンラインカジノで依存症になってしまうほど、のめり込みやすい方は、けして手を出さないように気をつけましょう。

オンラインカジノの問題点ギャンブル依存症とは

オンラインカジノとスパム広告の問題

オンラインカジノのスパム広告を見かけたことがある方もいると思います。
無差別にある日突然、ブログのコメント欄に大量にスパム広告が貼り付けられてしまうケースが多発しています。

また、メールで、スパムメールが届くというケースもあります。
一度悪質なオンラインカジノに登録をしてしまうことで、個人情報が流出してしまい、迷惑メールが届くことになってしまう例もあります。

優良なオンラインカジノではこういったことはけしてありませんが、悪質なウェブオーナーによりこのようなスパム行為が行われています。
このようなスパム広告が引き起こすのはオンラインカジノ業界のマイナスイメージです。

オンラインカジノがマイナスなイメージになってしまい、すべてのカジノがイメージダウンとなってしまうのはもったいない事です。
しかし、今のところ、このような悪質カジノを撲滅する術はなく、受け取り手側が、拒否設定をしなければ、スパム広告を防ぐことは出来ません。

また、このようなスパム広告にはにわかに条件の良すぎる大量ボーナスが記載されていたり、条件が良すぎるプロモーションが掲載されていたりして、つい登録をしてしまう人も後をたちません。
こういった状況も、オンラインカジノが抱える社会問題の一つとなっています。

オンラインカジノのサポートレベルの問題

オンラインカジノのサポートレベルの問題

オンラインカジノは、その他のサービス産業と比較しても、サービス意識がまだまだ低く、サービスレベルが低いままです。
入出金についてはパチンコやスロットと比較しても、トラブルが非常に多いので、プレイヤーは困ってしまうことがあります。
日本語が通じなかったり、またサポートがぞんざいな対応をするということは日常茶飯事ですので、サポートがしっかりとしたオンラインカジノを選ばなければ、大変な目に遭ってしまうこともあります。

オンラインカジノは、まだ歴史が浅いということもあり、サービスの水準が低く、まだまだ発展途上ということを知っておく必要があります。
遊ぶ前には、プレイヤー側が十分にリサーチをしてから登録をしなければ、トラブルになってしまうことになります。

オンラインカジノは、実はこのような社会問題を抱えているので、知識として知っておきましょう。