Category Archives: オンカジ雑学

オンラインカジノの準備から勝利金の引き出しまで

By   2018年10月5日

オンラインカジノを始める際の準備のポイント

最近注目されているギャンブルとして、オンラインカジノがさまざまなメディアをにぎわせています。事前の準備ポイントを講じましょう。

無料プレイについて

まったくカジノゲームをご存知ない方が、いきなりオンラインカジノをスタートさせるのは、いささか無謀ではないでしょうか?
多くのカジノサイトでは無料プレイモードを用意しています。
これを利用して、実際のカジノゲームに触れてみましょう。
これなら楽しめると確信をもてれば、登録をすすめるようにするのが安全です。

また、カジノサイトの使用感を試すことにもつながっており、なんとなく自分に合っていないように感じるならば、登録を見合わせたほうがよいでしょう。

年齢に関して

オンラインカジノはギャンブルですから、18歳未満ではプレイを禁止されています。
注意しなければならないのは、カジノサイトによって20歳未満のプレイを禁止しているものがある点です。
18歳になっていれば、すべてのカジノがOKと考えないでください。
それぞれのカジノによる規約をしっかりと守りましょう

カジノライセンスについて

オンラインカジノのなかには、悪質な詐欺業者が紛れ込んでいます。
こうしたカジノに登録してしまうと、勝ち金の払い戻しに応じてもらえないばかりか、個人情報の漏洩などの被害も可能性を否定できません。

悪質なカジノを回避するためには、ライセンスの有無をしっかりと確認する必要があります。
ギャンブルを合法とする政府が発行するライセンスは、厳しい審査によって発行されるものです。
また、ライセンスを維持管理するためには、それなりのコストが発生します。
ぜい弱な運営基盤では、これらのコストをまかなうことができません。
つまり、優良なカジノだけがライセンスの所有を許されることとなるのです。

さらにカジノゲームの公正さを担保する意味で、第三者機関による審査が存在します。
これらの認証マークがウェブサイト内に提示されていれば安心でしょう。

サポート体制について

最近では、日本人プレイヤーの増加にともない、サポートの日本語化がすすんでいます。
オンラインカジノには小さなトラブルがつきものであり、サポートが充実していないと、すぐにつまずくものです。
口コミ情報をもとにして、サポート体制の評価が高いカジノを選ぶようにしましょう。

オンラインカジノでプレイを始めるには

オンラインカジノでプレイを始めるためですが、公式ホームページからソフトをダウンロードすることからスタートします。
公式サイトに今すぐプレイなどのロゴがありますので、こちらクリックすると良いでしょう。

クリックすればダウンロードが開始となります。このようにダウンロードをすることが基本となりますが、最近ではFlash版やブラウザ版と呼ばれる、ノーダウンロードタイプのオンラインカジノも増えています。
ブラウザ版の場合、以前は操作性が良くないと言われていましたが、今はそうではなく、快適にプレイが出来るようになっています。
どちらかは好みで選ぶようにしましょう。

オンラインカジノのアカウント登録と注意事項

オンラインカジノを始める場合、無料ゲームなら、メールアドレスの登録をする必要があります。
その後、有料でプレイをするなら、メールアドレス以外にも住所や名前、そして電話番号が必要となります。
これらを入力するときは間違いがないように、正確に入力をしましょう。

仮に不一致の場合不正があるものとされて、アカウントがノックされてしまったりサポートにも無視されてしまう恐れがありますので、注意をしましょう。

チップの購入はどうすればいい?

オンラインカジノでの肝心のチップ購入ですが、公式ホームページのキャッシャーから行います。
日本人が使うことが出来る入金手段として、クレジットカードやエコペイズ、電信送金(銀行振込)が有ります。

クレジットカードはスピーディーで非常に便利ですが、入金でしか利用が出来ないので、長く遊びたいのならエコペイズといった電子決済サービスのアカウントを取得しておくと何かと便利です。

オンラインカジノの出金について

オンラインカジノの出金(払い戻し)ですが、ログインをしてバンクから引き出しを行います。
主にエコペイズ・電信送金・外貨小切手などの方法があり、最もよく利用されているのがエコペイズです。

エコペイズはプリペイドカードが発行されますので、これを利用すればコンビニATMで引き出すことが出来るなど、非常に便利です。
電信送金や小切手といった方法ですが、手数料が負担になりますし、銀行に所得理由を聞かれることもありますので、あまり現実的な払い戻し方法ではありません。

身分証明書の提出が必要

初回の払い戻しの場合には、口座情報の確認のため身分証明書の提出を求められることが多いです。
FAXやメール添付になりますが、パスポートは最初から英語表記になっているので、カジノ側の確認が容易で、スムーズなことが多いです。

オンラインカジノの勝ちやすさを検証

By   2018年7月26日

オンラインカジノは勝てる?

オンラインカジノはギャンブルの一つですが勝てるのかどうかという点が気になるところです。

オンラインカジノのペイアウト率は97%以上に保たれていて、他のギャンブルと比較しても還元率が高いです。
パチンコや、競馬は80~85%のペイアウト率ですし、宝くじは、45%程度です。
ペイアウト率だけをみると、他のギャンブルよりも、オンラインカジノは、勝ちやすいといえます。しかし、既存のギャンブルと優劣をつけるのはそれだけでは難しくなっています。

それは、ペイアウト率以外にも、さまざまな要素があるからです。

オンラインカジノのハウスエッジ

オンラインカジノは控除率も低いのが特徴です。
ギャンブルをする上で、気にしたいのがこちらの控除率です。
ハウスエッジが低いということはそれだけ胴元の儲けが少ないということを示しています。

ハウスエッジというのは、ほぼ全てのギャンブルに取り入れられているもので、カジノの取り分は非常に少ないのです。
しかし、オンラインカジノはパチンコと比較するとマイナスに設定されることはありませんし、パチンコは設定や釘調整によって、マイナスに設定されることがあります。

ペイアウトは100%を超えない

オンラインカジノはペイアウト率は高いですが、そのペイアウト率は100%を超えることはありません。
つまり、それは統計的には必ず負けてしまうということに繋がっています。

短期間ならば、勝ったりして得をすることもありますが、長期的に見ると、必ず損をしてしまうことになります。
オンラインカジノは、ギャンブルであり、ボランティアではないことを理解しておきましょう。

オンラインカジノとペイアウト率

オンラインカジノというと、非常にペイアウト率が高いということで、勝ちやすいギャンブルと考えられています。
それは本当なのでしょうか。

具体的にペイアウト率を比較してみると、オンラインカジノはその他のギャンブルと比較してもペイアウト率が高くなっています。
オンラインカジノのペイアウト率は97%程度で、パチンコ、競馬が80~85%であることを考えるととても高いペイアウト率となっています。さらに、オンラインカジノは、ハウスエッジが低く、3~5%程度となっています。

胴元の儲けが少ないことから、プレイヤーにそれだけ還元されていることになり、勝ちやすいギャンブルと考えても良いでしょう。
しかし、だからといって、オンラインカジノは、一概に勝ちやすいとはいえないものがあります。

オンラインカジノのデメリットとは?

オンラインカジノには、いくつかのデメリットがあります。それはパチンコやスロットなどのギャンブルと比較して、手軽ではないという点です。

オンラインカジノはアカウントを登録したり入出金に関することも複雑で、手間がかかるというのが現状です。
昨今では電子決済サービスなどが主流となっていますし、サポートが充実しているので、以前よりもプレイしやすくなりました。
しかし、パチンコやスロットと比較しても、トラブルは比較的多いですし、何かあればサポートに英語で相談をしなければなりません。

また、入出金に時間がかかってしまうのもデメリットです。
キャッシュフローが非常に遅く、支払い申請をしても、ワンクッションかかってしまい、時間がかかることが多いのでストレスを感じることもあります。

オンラインカジノは、面倒なギャンブル?

オンラインカジノは他のギャンブルと比較して、面倒な部分が多いといわれています。まずは初回登録をする必要がありますし、入金手段を考えなければいけません。

また、オンラインカジノは、規制によってクレジットカードが使えないことも多いです。
本人確認書類を用意しなければなりませんし、少々英語力が必要になる部分があります。

最近では日本語サポートが充実しているオンラインカジノもふえてきてはいますが、パチンコやスロットがトラブルは皆無なのに対し、オンラインカジノは、トラブルが比較的多いのもデメリットです。

キャッシュフローが非常に遅い

オンラインカジノは、キャッシュフローが非常に遅いという点も大きなデメリットです。
手数料もパチンコやスロットと比較しても、時間がかかります。払い戻しの際には、出金手続きをしてから、ワンクッションほど待たされることもありますし、やる気満々の気持ちでも、ストレスが溜まってしまうこともあります。

パチンコやスロットと比較すると、オンラインカジノはまだそれほど手軽ではない面があります。

ギャンブルであることを理解する

オンラインカジノは勝ちやすいという広告を見かけることも多いですが、オンラインカジノはギャンブルの一つであり、けしてボランティアではありません。
それ故に長期的な長い目で見ると、必ず負けてしまうものです。
このため、過度に期待しすぎるのは避けておき、ペイアウト率はけして100%にはならないということを理解しておくようにしましょう。

どのように遊んでも、けしてペイアウト率以上は勝つことが出来ないのです。

成長分野として今後改善すべきポイント

By   2018年4月12日

オンラインカジノは違法ギャンブル色が強い

オンラインカジノは違法ギャンブル色が強い

日本では、今でもオンラインカジノが違法扱いされているので、オンラインカジノに関連する情報を提示すると、逮捕されてしまうのではという話が出されます。違法ギャンブル色が非常に強くなっていて、カジノ=危ないものというイメージが日本では定着しているのです。
オンラインカジノに関連するイメージが変わるには、相当な時間がかかってしまいます。現在は情報を変えられるような法律改正などもありませんので、オンラインカジノは違法のサービスだと思われ続けているのです。

オンラインカジノはテレビで取り上げられない

オンラインカジノに関しては、報道番組で違法なギャンブルを行っていたと情報が出ない限り、テレビで取り上げられることがありません。店舗のカジノの場合は、海外にあることを紹介した上で取り上げていることも多いのですが、オンラインカジノの場合は違法なギャンブルと判断されているので、テレビ局も取り上げることがありません。
ネットでオンラインカジノに関連する情報が出てきているのはいいですが、ネットの情報は正しいのか不安に感じてしまうことが多いでしょう。ネットの情報は非常に怪しいところもあり、もしかしたら嘘の情報を出しているかもしれません。特に怪しい方法で運営しているオンラインカジノについて、良いように見せかけている可能性もあるので、嘘の情報に騙されることもあるでしょう。
テレビの情報が正しいわけでもありませんが、ある程度の調査をしてから情報を提供しているテレビ番組が多いのは事実ですので、ネットよりも信頼性は多少高いと考えられるのです。

オンラインカジノの合法化はまだ先になる

オンラインカジノの合法化はまだ先になる

日本国内でオンラインカジノが合法になるのはまだまだ先のことになるでしょう。オンラインカジノというのは、本来であればサービスとして運営されているのが海外だけと判断されているのに、日本人が遊べるように設定されているので、厄介なサービスと思われがちなのです。
日本では、オンラインカジノを認めるような法律改正等はまだ行われていません。ジノを支持しているアメリカでさえ、オンラインカジノについては認めていないことが多いので、日本が同盟を組んでいる以上はオンラインカジノに関連する対応は行われないことが多いのです。
その為、残念ながら違法なサービスと言う認識が先行しているというのが現在のオンラインカジノの状況と言えます。

オンラインカジノのディーラーはピンキリ

カジノのディーラーは、しっかりと訓練を受けている中で、最適なサービスを提供していきます。もちろんプロフェッショナルな部分も持ち合わせていて、ルールを間違えないようにすること、ミスを減らすことは当然行っています。
オンラインカジノは、社会的にもディーラーが下手過ぎると思われているため、人によっては攻略しやすいと感じます。ただ、ディーラーが下手すぎるのは、進行という部分にも問題があり、進行がスムーズに進まないでゲームが遊びづらいと思われているのです。

オンラインカジノのディーラーはアルバイト

実際にオンラインカジノが採用しているディーラーは、アルバイトの人が多いです。アルバイト感覚で仕事ができて、意外と収入が多いこともあり、女性からは結構人気があります。しかも、ディーラーが仕事をしている時間は短いので、空いている時間の中で仕事ができます。つまり、本来のカジノに比べると、気軽に仕事ができると考えて良いのです。
プロフェッショナルな仕事が必要となるディーラーですが、アルバイトで採用している女性が確実に進行できるというわけではありません。一応進行に必要な書類などは用意されていて、マニュアルを見ながら進めていくのですが、トラブルがあるとスムーズに進行が行われません。そして、進行が遅いと判断されてしまうと、多くのユーザーが嫌がってしまい、オンラインカジノを利用しなくなります。
ライブゲームでは、進行するペースが非常に重要になっていますし、進行がしっかり行われていないのは非常に問題になりやすいのです。改善が必要なオンラインカジノは多いのですが、手を付けないオンラインカジノも結構あります。

ディーラーの採用も進んでいる

ディーラーの採用も進んでいる

大手のオンラインカジノでは、しっかりと雇用してオンラインカジノのディーラーとして仕事をさせる場合もあります。プロフェッショナルな仕事ができるように、そして多くのユーザーに満足してもらうために、ディーラーのレベルを向上させていくのです。オンラインカジノのディーラーは酷いというイメージを解消するために、オンラインカジノ側も頑張っています。
ディーラーの研修をしっかりと行わせていくことで、徐々にですがディーラーのレベルも向上するようになりました。今後はもっと店舗のカジノに近いようなディーラーが登場して、しっかりと進行する環境も生まれていくでしょう。全てのオンラインカジノが対応するには少し時間がかかりますが、大きなオンラインカジノは変わってくれる可能性が高いです。

オンラインカジノの安全性と合法性

By   2018年1月17日

オンラインカジノは当たらないだけで問題ない

オンラインカジノ

カジノゲームの的中率は制限されているので、一定の確率が出てこないと当たらない仕組みにされていますが、オンラインカジノは詐欺行為やインチキによって当たらない仕組みを採用していることがありません。
もし詐欺行為をしているようなら、監視をしている団体などがしっかり把握して、改善するように指導できるので、問題が起きることはほぼありません。

詐欺行為はオンラインカジノができないもの

厳しい審査をクリアして、ようやく手に入れたのがライセンスなのですが、ライセンスが失われてしまうような行為は絶対にできません。オンラインカジノの場合は、詐欺行為が失うための要因になります。もし詐欺を行って、ユーザーに対して不利益を与えるような形にしているなら、オンラインカジノのライセンスは剥奪されてしまいます。
ライセンスがない状態で、オンラインカジノは運営できないルールとされていますので、もしライセンスを失えばオンラインカジノの閉鎖を余儀なくされます。これまで高額な利益を得られるようにしていたものが、突然のように失われることになりますので、非常に厳しい状況に陥ってしまうことになるでしょう。

インチキなし

インチキはソフトウェアの信頼性を失うだけ

インチキについては、オンラインカジノが独自に設定できるものではありません。オンラインカジノと提携しているソフトウェアの会社が、確率を操作していることで発生する場合もありますが、操作することはできません。ソフトウェアにもルールが設定されているからです。
設定されているルールによって、ソフトウェアは指定されている確率の範囲内に収める必要があります。超えてしまっている分には何も言われませんが、オンラインカジノが損をするだけであり、全く良いものになりません。従って、ある程度の確率に制限させているのですが、一定の範囲内に収まらない場合は指導によって改善しなければなりません。
勝手に的中率の低いソフトウェアに切り替えることができないように作られるので、適当ソフトウェアを作り出せる状況は起こらないのです。

安心できる運営のためにしっかり実施される

オンラインカジノは、安心できる運営をしっかり行うために、あらゆるところから監視や審査を受けることになります。ライセンス剥奪によって、信頼性が無いと思われると、オンラインカジノは消えてしまいます。
ユーザーがおかしいと思わないようにしているのは、オンラインカジノが努力しているためと考えてください。

海外にあるオンラインカジノは問題ない

ギャンブル好きの方ならば誰もが一度はカジノでプレイを夢見たことがあるでしょう。
ラスベガスやマカオなどには世界有数のカジノ建ち並び、24時間世界各国から訪れたプレイヤーがお金を賭けたゲームに興じています。
ですが、海外に行ってまでカジノをやろうと考える方は少ないでしょう。その交通費や宿泊費だけで大きな出費となってしまいますし、仕事を持っている方はそう簡単に長期の休みは取ることが出来ません。
そのため多くの方がカジノでのプレイを夢で終わらせていますが、実は海外に行かなくてもカジノゲームをプレイ出来る方法があるのです。
その方法というのがオンラインカジノの利用です。

オンラインカジノ

オンラインカジノはそのサービス名が現しているとおり、ネット上のカジノのことです。ネット上の架空のカジノといっても、ラスベガス、マカオなどに実在するカジノと同じゲームが揃っていますし、もちろんお金だって賭けられます。
プレイに関しても24時間いつでも出来るので、休日や仕事終わりだけではなく、電車での移動中や仕事の休憩時間などわずかな空き時間の間にプレイすることが出来ます。

このようにオンラインカジノは、インターネットが繋がればいつでもどこにいてもお金を賭けてプレイ出来るギャンブル好きの興味を惹くサービスですが、利用にあたり違法性はないのかと心配する方もいらっしゃると思います。
日本ではカジノは違法のため、国内にカジノは存在しません。カジノ紛いのことを行った場合、運営者はもちろん、利用者も法によって裁かれることになります。
しかし、オンラインカジノは運営元が海外にあります。カジノの運営を認めている国の会社により運営されているので、海外へ行きカジノを利用する場合と近いものがあります。

まだ日本にはオンラインカジノに対する法律がありません。そのため、運営元が海外の会社であり、きちんとしたカジノの許可を得ていれば、たとえ日本国内からオンラインカジノにアクセスし、利用したとしても違法にはなりません。
もちろん、運営元が海外にあっても、サーバーが日本国内に置かれていればそれは違法となりますが、国からの許可を得ているオンラインカジノであればそういったことは絶対にありません。

このようにカジノ運営の正式許可を得ている会社を利用すれば、法に触れ、大きな問題になることはありませんので、利用する際には運営会社が得ているライセンス等を確認してから始めるようにしましょう。